ラーメン どん

2009年2月18日(水)

2度目の訪問。いつの間にか昼営業が始まっていた。

券売機を確認すると、メニューが少し増えてるね。トッピングの「Wチャーシュー」や「こま切れチャーシュー」とか。そして以前は無かったご飯ものも登場。その中で「スープ雑炊」というのがちょっと気になる。もしかして麺の代わりにご飯を入れたものなのだろうか?

 

今回は「小 つけ麺」と「こま切れチャーシュー」の食券を購入。そして食券を提出すると「お好みはございますか?」というふうに訊かれたので、「野菜多めニンニク」と応える。カウンターには野菜普通と野菜多めの比較写真が貼ってあった。

店員は男性2名、BGMはJ-POP。卓上を見ると、ミル付きのブラックペッパーが置かれるようになっていた。

さて、出来上がった。つけダレと麺の丼が同時に登場。


小 つけ麺(650円)+こま切れチャーシュー(100円) 野菜多めニンニク

つけダレの中には刻みネギ。麺の丼にはチャーシュー2枚、野菜、ニンニク、そしてオプションのこま切れチャーシュー。こま切れチャーシューは思ってたよりも量は多め。

つけダレは酸味とアブラの甘みで、堀切系のつけダレによく似た味わい。麺は「小」で200g程度だろうか。野菜を増したら麺と同じぐらいの量に感じた。ちなみに一玉200gと店頭に表示があったが、これは「小」で一玉ということか?  ここは「小」と「大」の間に「並」に相当するものがあるから紛らわしい。

最後にスープ割りで締め。

2008年10月27日(月)

先月あたりに日吉に二郎っぽいラーメン屋がオープンしたようなので行ってみた。日吉駅で降りて西口へ。サンロードという商店街に入ると、すぐに右手に黄色い看板が見つかった。改札口からは2分もかからなかっただろう。

場所は「つけめん あびすけ」の隣。ちなみに右隣は「とんかつ三田」という店だった。では店内へ。券売機は入って左側に。

メニューは「ラーメン」、「つけ麺」のそれぞれサイズ違いが3種類。そして「チャーシュー」、「のり」、「大盛」、「ビール 中瓶」のみというシンプルな構成。ところで「大ラーメン」や「大つけ麺」の食券が有るのに、別途「大盛」の設定が有るのは何故だろう。もしかして大盛の大盛も出来るのか?

今回はオーソドックスに「ラーメン」の食券を購入。そして食券を提出する際に、「野菜多めニンニク」と告げる。

店員は男性3名。BGMはJ-POP。客席は厨房に面した直線のカウンターに8席と、入口そばに4人掛けと2人掛けのテーブルが各1卓ずつ。卓上には、味濃くするタレ、唐辛子、割り箸、爪楊枝、ボックスティッシュ、レンゲ。胡椒が無いのは珍しいね。水は店員から供されるが、おかわりは卓上のポットからセルフで。

さて、出来上がった。野菜の標高が結構高いね。


ラーメン(650円) 野菜多めニンニク

具はチャーシュー、野菜、ニンニクと、二郎と同じ構成。チャーシューは薄っぺらいのが2枚入り。最近インスパイア系で野菜の盛りに関しては二郎以上のものを出す店も出て来たが、ことブタのボリュームに関してはどこも二郎には叶わないな。

野菜はもやし8:2キャベツぐらいの比率で、シャキシャキの茹で加減。量が多いので卓上のタレを回し掛けして食べる。麺はわりとモチモチ感のある太麺。量は200g〜250gの間くらいだろうか。厨房には「永利の中華めん」と書かれた麺箱が置いてあった。

スープは細かい背脂が浮いて甘めの味わい。なんとなくフーズ系に似てる気がした。かつて日吉には「マンモスラーメン ポクポクポクチン!!!」という店はあったが、本格的な二郎インスパイアの出店は初めてである。中には本物の二郎を食べる前に、こちらを先に食べる慶大生もいるんだろうな。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー