夢庵

20097月23日(木)

すかいらーく系の和風ファミリーレストラン「夢庵」へ出掛ける。当サイトでファミレスを採り上げるのは今回が初めて。もちろんそれには理由がある。なんとここに二郎風のメニューがあるというのだ。

店内に入りメニューを開く。するとその名も「夢郎うどん」というものが見つかった。そこには「行列必至の人気店のメニューが夢庵バージョンで登場!」という言葉も添えられている。

さっそくその「夢郎うどん」をオーダー。しばらくすると出来上がった。


夢郎うどん(733円)

夢郎うどんはつけ麺スタイルで、つけ汁の入ったお椀と麺や具の載った皿という構成。具は細切れの豚肉、茹でたもやしとキャベツ、フライドガーリック、青ネギ。なお、メニューに「熱盛り」と書かれてる通り、つけ汁、麺ともに温かいタイプ。

まずはつけ汁を一口啜ってみると、結構強烈なニンニク風味が。また、ほのかに魚介系の風味も。つけ汁の中には刻みネギ入り。そして表面に浮かぶ細かなものはニンニク?

続いてうどんを。麺はうどんとしては細めで、やや不揃いな形状。この店には他にもうどんメニューがあるけど、これは夢郎専用麺なのかそれとも通常のものと同じなのか?

そして食感はかなり軟らかめ。これは人によってはコシが無いと感じるかも?  量は1.5玉で330gらしい。

途中で卓上の醤油や七味を麺に掛けて、アクセントをつけながら食べ進める。

再現性という意味ではそんなに二郎度は高くなかったけど、ファミレスという店舗形態ならばそれもやむを得ないかな。

そういえば「二郎はラーメンではない。二郎という食べ物だ」という言葉があるが、パスタやうどんとも融合するあたり、あながち誇張した表現とも言えなくなってきたようだ。ここまで来ると、いずれ二郎がカレーみたく「国民食」と呼ばれる日が来たりして。

なお、このメニューは夢庵全店で提供されているわけではなくて、首都圏の10店舗(大和鶴間、相模原北里、小田原鴨宮、淵野辺、川崎水沢、上池台、昭島、府中押立町、新座片山、朝霞本町)で7月23日より1ヶ月半ほど試験販売されているそうである。


府中押立町店

200910月8日(木)

一部店舗で試験販売されていた「夢郎うどん」が、10月8日から全国販売されるようになったようなので再食。メニューを見る限り、特に試験販売時と大きく変化は無いもよう。

程なく出来上がり。


夢郎うどん(733円)

試験販売時との盛り付けの違いは、フライドガーリックが別皿になったところと、小鉢入りでレンゲが付くところか。メニューに「まずは、うどんと具材をよく混ぜる」と書いてあったので、さっそく混ぜてみる。

試験販売時と違って、うどんは熱盛りタイプではなくて冷したものに変わっていた。

ところでふと思ったのだが、つけ麺スタイルで豚肉入りというのは「武蔵野うどん」にも通ずるものがあるよな。そういえば夢庵の母体である「すかいらーく」はひばりヶ丘が発祥の地なので、なんらかの影響が有るのやら無いのやら。

半分ほど食べたところで、試しにつけ汁をうどんの上からぶっかけてみた。

卓上の七味も振り掛けながら完食。


千歳烏山店

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー