ラーメン勇花(閉店)

2008年1月10日(木)

「勇花」で汁なしが始まったという情報があったので行ってみた。店内に入り、さっそく券売機をチェック。おお、たしかに「汁なし」の文字が。

他にもずいぶんとメニューが増えてるね。

そこで今回は「汁なし小ラーメン」、「生タマゴ」、「メンマ」、「カイワレ」、「ウーロンハイ」の5枚の食券を購入。「汁なし」は「ラーメン」の食券と共用なので、食券を渡す時に「汁なしで」と告げる。そして現金150円も添えて「Wネギ」、「チーズ」、「マヨネーズ」も注文。

ここでトッピングを訊かれたので「ニンニク野菜アブラ」と応える。さらにランチタイムサービスで豚1枚か生玉子を選べるというので、豚のほうでお願いする。

店員は店主と中年男性の2名体制。前回は店主が接客を担当していたが、今回は店主が調理をしていた。

まずはウーロンハイが登場。缶のウーロンハイがそのまま出て来るのかと思っていたが、その場で焼酎をウーロン茶で割って氷を入れて作っていた。


ウーロンハイ(300円)

続いてメンマと生玉子の小鉢も登場。

ビールと違って焼酎類にはおつまみは付かないようなので、メンマをつまみながら出来上がりを待つ。メンマには背脂とラー油が掛けてあった。

しばらくするとマヨネーズとアブラの小鉢が登場。

続いて汁なしラーメンも登場した。

そして「よろしかったらどうぞ」と酢のボトルも登場。

卓上がとても賑やかに。


汁なし小ラーメン(600円)+カイワレ(120円)+Wネギ(50円)+チーズ(50円)+生タマゴ(50円)
+メンマ(60円)+マヨネーズ(50円)+豚1枚(ランチタイムサービス) ニンニク野菜アブラ

丼の中の具はブタ2枚、野菜、ニンニク。そしてオプションのチーズ1枚、カイワレ、刻み生タマネギ、ラー油で和えた白髪ネギ。まずは底から麺を引っ張り出す。…が、トッピングが多過ぎてなかなか引き出せない…。

ようやく引き出した麺は、前回のきしめんみたいな平べったい形状から縮れの強いものに変わっていた。食感もツルツルしたものから少しゴワゴワした感じに。そこに卵黄をオン!

ブタはサービス分を含めて2枚入り。前回同様薄切りであった。あとは適宜調味料などを加えながらワシワシと食べ進む。マヨネーズはカイワレを食べるのに使ったりもしたが、ちょっと多過ぎるんじゃないか? 西荻大みたいにレンゲ1杯分程度で充分に思えた。結局半分も使わなかったよ。

最後に丼の底に残ったタレは、野菜等で薄まったせいかちょうどいい味加減。なのでスープ割りは頼まずにそのまま少し飲む。「小」でも250gあるようで、食べ終わると予想以上に腹一杯になった。

2007年8月16日(木)

戸田にマルジ(現富士丸)出身の人が店を出したらしいので行ってみた。埼京線に乗って北戸田で下車。西口のバス停から、国際興業バスの西川口駅西口行に乗車。バスは1時間に2〜3本程度しかないので注意を。

7分ほどで美女木小学校というバス停で下車。運賃は190円。ここからバスの進行方向にそのまま3分くらい歩いたところで店に到着。ちなみに帰りは北戸田駅まで歩いて19分で着いたので、バスに乗るほどではなかったかもしれない。

では店内へ。券売機は入って左側に。

メニューは基本的に「ラーメン」と「小ラーメン」に、それらのブタ入りという構成。さらに現金で「ちょい増」(50円)、「メン増」(100円)にも対応している。マルジと非常によく似たメニュー体系である。

今回は基本の「ラーメン」をチョイス。そして「ゆでタマゴ」、「生タマゴ」、「生ニンニク」も追加。さらに暑かったので「缶ビール(おつまみ付)」も購入する。

そして店員に食券を渡すと、「ニンニク野菜アブラのトッピングが出来ますが?」というふうに訊かれたので、「ニンニク野菜アブラ」とコール。店員は男性2名。BGMはJ-POP。

客席は入って左側に一直線のカウンター6席。そして右側には小上がりがあり、各々6人分の座布団が置かれたテーブルが2卓置かれていた。厨房は奥まっているので、調理の様子はあまり窺えず。

卓上には、醤油ダレ、ラー油、ブラックペッパー、唐辛子、爪楊枝、割り箸、ボックスティッシュなど。水は店の奥に置かれた給水器からセルフで。卓上にも水差し有り。また、おしぼりも給水器そばに置かれていた。

まずは缶ビールとおつまみが登場。銘柄はサントリーモルツのレギュラー缶。おつまみの内容は、半切りゆで玉子ともやしをアブラで和えたもの。ブタは入ってなかった。


缶ビール(おつまみ付)(350円)

続いて50円キャッシュバック券が登場。特に期限は書いてないので、いつでも使えるのかな?

しばらくすると生玉子と生ニンニクが小鉢で登場。

そしてアブラも小鉢で登場。このあたりは完全にマルジを踏襲しているね。

そしていよいよラーメンも登場した。


ラーメン(650円)+ゆでタマゴ(50円)+生タマゴ(50円)+生ニンニク(50円) ニンニク野菜アブラ

丼もテーブルも黒いので、イマイチ写真映えがしないなぁ…。やはり二郎系は赤のほうが似合うと思う。

まずは麺から。きしめんみたいな形状の平太で、ツルツルとした食感。ボソボソとしたマルジの麺とはかなり別物。スープは醤油の味が薄めで、こちらはマルジテイストが感じられた。

具はブタ1枚、野菜、ニンニク、オプションのゆで玉子1個分。野菜はクタクタの茹で加減でマルジとよく似ている。比率はもやし9:1キャベツくらいか? 無料のほうのニンニクもマルジと同じく業務用っぽいもの。ブタは薄めで、「マルジのブタ」というよりも普通のチャーシューみたいだった。

小鉢の生玉子は例によってスキヤキ風に。

同じくアブラは「セルフミニあぶらそば」にして味わう。

麺量は350gとのことだが、体感的にはマルジよりも少なく感じた。いろんな面でマルジにほうに一日の長があるとは思うが、昼間にマルジっぽいものが食べられるという意味では貴重だろう。今後の発展を期待したい。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー