山盛山 池袋総本店(閉店)

200911月19日(木)

10月7日にオープンした池袋の「山盛山」へ。どうやらこの店は茨城大勝軒(角ふじ)と関係があるらしい。場所は「中本」の斜め向かい側。では店内へ。券売機は入って右側に。メニューは基本的に「ラーメン」、「まぜそば(ショウガ)」、「まぜそば(にんにく)」の3種類。

店頭に貼られたメニューによると、「ラーメン」よりもむしろ「まぜそば」のほうがオススメのようなので、今回はジャンク度の一番高いという「まぜそば(にんにく)」の食券を購入。

店員は男性2名。BGMはJ-POP。客席は厨房を囲む形のL字型カウンターに8席。卓上には、醤油ダレ、自家製スパイス、唐辛子、割り箸、爪楊枝、紙ナプキン、レンゲなど。水は卓上のポットからセルフで。

ここは丼の提供時に野菜増しするのではなくて、食べてる途中で野菜おかわりが出来るシステムらしい。このほうが野菜増しをして食べ切れないという事態を回避するのにはいいだろう。

さて、出来上がった。


まぜそば(にんにく)(730円)

それでは麺から。角ふじ系ということでゴワゴワとした太麺を予想してたら、意外や二郎みたいなモチモチとした食感の平太麺。本家である池袋二郎よりも、むしろ二郎っぽいかも? 麺の量は並で250g、中盛→大盛→特盛となるに従って100gずつ増えていくようだ。

具は野菜、ニンニク、刻み玉ねぎ、揚げニンニク、ニラキムチ、肉味噌のようなもの、温泉玉子。そこに唐辛子(輪切りのもの含む)が掛けられてあった。関内の汁なしと同じ730円という値段ながら、なかなか結構具沢山だ。

と、思ったらブタが入ってないのね。ブタ入りにするには+250円の「国産豚まぜそば」にしなくてはならないようだ。途中で卓上の自家製スパイスを掛けてみる。これはブラックペッパーをベースにしたもの。

立地もいいので、機会があったらラーメンのほうも食べに来よう。そうそう、写真は撮り忘れたけど、営業時間変更の貼り紙があったな。たしか開店は11時になってたような。あと、閉店時刻も早まってたかも?

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー