ラーメン三郎 矢上店

2006年10月14日(土)

慶応大学理工学部の矢上祭において、「ラーメン三郎矢上店」という模擬店が出店するというので行ってみた。これは昨年に続き2度目の出店になるようである。

日吉駅から慶大日吉キャンパスを経由して、福澤諭吉像などを眺めながら矢上キャンパスへ。一旦キャンパスから普通の住宅街に出るので、ちょっと不安になりつつも矢上校舎に無事到着。

目指す「三郎」はすぐに見つかった。イメージカラーが黄色なのでとても分かりやすい(^^;)。ざっと見たところ30人近く並んでいるようで、とりあえず最後尾へつく。

運営してるメンバーは6名ほど。みんな胸に「ラーメン三郎」と書かれた黄色いTシャツ姿。麺あげしているのは、もちろん小杉の店員をやっている現役慶大生だ。

模擬店なので基本的にテイクアウトだが、テントの脇のほうには教室の机と椅子を並べたテーブルも用意されていた。

そして調味料は無いものの、ボトルに入った水と紙コップは有り。BGMはラジカセからキャンパス内FM放送と思われるものが流されていた。

25分ほど並んだところで出来上がったようだ。代金400円を払うと「ニンニクはどうしますか?」と訊かれたので、「野菜ニンニクアブラカラメ」とコールしてみる。

丼は直径15cmぐらいとミニミニサイズ。でも中身は紛う事なき二郎だ(三郎だが)。


(400円) 野菜ニンニクアブラカラメ

麺は小杉で打ってきたと思われるが、小杉よりも若干太いような。食感はわりと硬め。

ブタは1切れ入り。トロトロに軟らかくジューシー。これは小杉よりも旨いかも?(^^;)

スープは小杉譲りの薄味スッキリスープかな。なにぶん量が少ないのであっという間に食べ終わった。

食べ終わった容器は表面のフィルムを剥してリサイクル。こういう容器は初めて見た。

帰りはブラブラと日吉キャンパスを散策。するとこんな掲示が!

どうやら明日の連合三田会で本店のブタが提供されるらしい。これは慶應関係者だけなんだろうな。うらやましい。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー