竹麓輔商店 らーめん 風華(閉店)

2006年1月10日(火)

21時頃到着すると店内には先客は3組ほど。ここはテーブル席が多いからか、単独客よりもグループ客のほうが多いような気がする。そういう私も今日は2人組。

テーブル席に陣取りメニューを開く。前回来た時からだいぶメニューが増えてるな。

とりあえず瓶ビールと生ビールを注文。そしてつまみに「ねぎチャーシュー」、「肉野菜炒め」、「つまみワンタン」、「つまみメンマ」を注文する。店員は調理担当の男性と、接客及び調理補助の女性の2名体制。BGMは前回同様ビートルズ。

まずは瓶ビールが登場。銘柄はサントリーモルツの中瓶。


瓶ビール(480円)

続いてつまみ類が相次いで登場。

ねぎチャ−シュー(250円) 肉野菜炒め(450円)
   
つまみワンタン(300円) つまみメンマ(200円)

つまみはそのまま食べてもよいが、テーブル上の業務用刻みニンニクやラー油などを適宜掛けて食べてみてもアクセントがついて良い。

ところで生ビールが出てこないな。どうやらオーダーが通ってないようだ。ここは前回もオーダーが通ってないものがあった。やはり店員が日本人じゃないからかな〜。

ということで生ビールは諦め、代わりに「レモンサワー」と「ウーロンハイ」を注文。

レモンサワー(350円) ウーロンハイ(350円)

そしてどうせならつまみ類全制覇をしてやろうと思い、「つまみチャーシュー」と「もやし黒酢炒め」を追加する(餃子は前回制覇済)。

つまみチャーシュー(400円) もやし黒酢炒め(300円)

ところで飲んでいれば当然トイレに行きたくなる。トイレはウォシュレット付きだった。これなら地主でも安心(?) さすがにトイレ画像は無し。あと、15時以降は店内喫煙可。

当初は締めに「つけ麺」を頼もうと思っていたが、飲んでるうちに適度に腹も膨れてきたのでどうでもよくなった(^^;)。そこで最後に「グレープフルーツサワー」と「鮭はらみ丼」を注文。


グレープフルーツサワー(350円)

鮭はらみ丼は、ご飯の上の鮭のほぐし身、刻み海苔、白ゴマが掛けられたもの。鮭茶漬けからお茶を抜いたような感じで、飲みの締めにはちょうど良かった。


鮭はらみ丼(300円)

結局麺を食わずに会計。2人で3730円也。

2005年12月17日(土)

今度は三軒茶屋に二郎インスパイアが出来たらしい。なんでも「むつみ屋」系だそうだ。もう最近は何でもアリだな。今に一風堂や天下一品あたりでも二郎風ラーメンを出したりして(^^;)。

世田谷線三軒茶屋駅からは徒歩6分ほどで到着。14時20分過ぎの段階で、先客は1組3名のみ。メニューはテーブルの上に。今回は「らーめん」、「煮玉子」、「餃子」を注文する。

店内はコの字型のカウンターが8席と、4人掛テーブルが5卓。トイレは一番奥に。テーブル上の調味料は、醤油、酢、ラー油、ブラックペッパー、白ゴマ、業務用刻みニンニク。他に割り箸、爪楊枝、紙ナプキン、水差し。なお、1杯めの水は店員から供される。

店員は厨房が奥まっていたので全員は確認出来なかったが、少なくともアジア系の女性2名がいた。BGMはビートルズ。レジの前にはむつみ屋創業者竹麓輔氏の写真が。前から思っていたが、サザンの関口和之にそっくりだよな〜。

さて、然程待たずに出来上がった。


らーめん(650円)+煮玉子(100円)

具はチャーシュー1枚、茹でたキャベツともやし、刻みネギ、業務用刻みニンニク、オプションの煮玉子。チャーシューは大判ながら薄っぺらく、味のほうも凡庸。野菜はかなり硬めの茹で加減。煮玉子は黄身は半熟で適度な味付け。麺は中太で食感は硬め。

スープは多少アブラも浮かんでいるが非常にあっさり。普通の醤油ラーメンに、二郎風のトッピングを施したような印象であった。

ところでなかなか餃子が出て来ないぞ。と思って伝票を見たら書いてない! どうやら注文が通ってなかったようだ。そこで再度注文。ラーメンをスープまで飲み干したところでようやく登場した。


餃子(280円)

餃子は5個入り。まぁ、普通の餃子ですな。最後にレジで会計。合計1030円也。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー