太極軒(閉店)

20104月30日(金)

聖蹟桜ヶ丘の「新化勝軒」跡地に昨年10月16日にオープンしたという「太極軒」へ。ちなみに新化勝軒は「東池袋大勝軒 新化」と名前を変え、駅の近くに移転。どちらも同じ系列のようだ。

店頭には「太郎系インスパイアに恥じぬ盛り」との文言が。最初は「太郎系インスパイア」って何? と思ったけど、どうやらこれは「太郎系」と「インスパイア〜」は区切って読むようだ。ホントは「二郎インスパイア」と書きたいところなんだろう。

券売機は入口手前左側に。メニューは大きく分けて「太郎系」と「極鰹系」の2系統。今回は「太郎 汁なし 麺300g」の食券を購入。ここで「野菜まし」、「油まし」を希望の場合は、券売機に掛けられた箱から無料の食券を自分で取るシステム。

席に着き食券を提出。店員は男性1名のみ。BGMはテレビ。客席は厨房に面したカウンターに7席と、4人掛けと2人掛けテーブルが1つずつ。卓上調味料は唐辛子、ブラックペッパー、海老ん汁、酢、太郎系タレ、極鰹系タレ、刻みにんにく、魚粉、カレーパウダーなどがありとても豊富。他に割り箸、爪楊枝、ボックスティッシュ。

そして一段上にはポットに入った割りスープ、レンゲ。水は給水器からセルフで。

と、ここでカウンターの貼り紙に気付く。そこでケータイでホームページにアクセスして味玉の無料クーポンをGET。

しばらくすると結構大きな丼で汁なしが登場。これは混ぜやすいようにとの配慮かな。


太郎 汁なし 麺300g(750円)+味付半熟玉子(クーポン)

具はデフォでブタ、野菜、鰹節、チーズ、温泉玉子、ベビースター、海老ベーストのようなもの、辛味挽き肉(?)、固形背脂と結構具だくさん。野菜はもやしとキャベツが別々に盛られてほぼ半々の比率で、野菜増しにしなくてもわりと多め。そのためか野菜少なめで頼んでいた客もいた。

それでは下から麺を引きずり出す。ちょっと縮れのある太麺でモチモチとした食感。

途中で卓上調味料を適宜投入。やはり汁なし系は、調味料で味を変えつつ食べるのが楽しい。特に「海老ん汁」という名の海老油は個人的にはヒット。

思ってたよりもなかなかボリューム感のある一杯であった。そういえば豊田にも「盛極軒」とかいう系列店があるらしい。そちらも機会があれば行ってみようか。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー