にっこう×ラーメン荘 夢を語れ×麺屋 風火
(ラーメン Show in Tokyo 2009)

20095月30日(土)

5月29日〜31日の日程で開催される「ラーメン Show in TOKYO 2009」に、京都の「夢を語れ」が出店するという。しかし単独ではなくて他店とのコラボということで、当初はそれほど興味がわかなかった。

しかしネットでそのラーメンの画像を見ると、けっこう二郎っぽいではないか! ということで、会場の駒沢オリンピック公園へ行ってみることに。

会場に到着すると、さっそく全店共通のラーメン券販売所に。

事前にセブンイレブンで700円の前売券を売っていたそうだが、急遽参戦なので券売機で750円の当日券を購入。食券を買うだけでも大行列だという情報があったが、こちらは3分ほどで買うことが出来た。

他のブースには脇目もふらずに夢を語れの行列へ接続。こちらは予想以上の大行列。最後部にいた係員に訊くと約1時間待ちだそうな。

列はジリジリと進み店舗前へ。ブース内の店員を見ると「夢を語れ」の店主を含めて8人ぐらいの体制。店主はラーメンの受け渡し役を担当していた。麺あげは平ザルを使って1ロットで10杯を調理してるもよう。

列の先頭に来たところで「ニンニク入れますか?」と声が掛かった。そこで「ニンニク野菜アブラ」とコール。富士丸系でアブラ増しは外せない。

トレーに丼と割り箸を載せて飲食エリアに移動。隣に座ってた人に「おいしそうですね。どこの店ですか?」と言われた。

卓上にはホワイトペッパーとポケットティッシュが。

まずは麺を。平太であるが二郎とはちょっと違う食感。。量は150g程度だろうか。この手のイベントとしては多めな部類に入るのかも。中には凄い山盛りの丼を持っていた人がいたが、どういう注文をしたのだろう?

具はブタ、野菜、ニンニク。野菜はもやし8:2キャベツぐらいの比率でシャキシャキとした茹で加減。ブタはそこそこの大きさのものが1切れ入り。

そしてスープは塩味。この場所で普通に二郎を模倣しても意味が無いと思っていたが、塩味にして目先を変えてきたようだ。もっとも塩二郎は荻窪をはじめとして、いごっそうとか凛とかでも食べられるけどね。

ちなみに会場で配布のオフィシャルガイドブックには「東京発祥の二郎系を、京都・滋賀で主流の鶏スープで進化!!」と書いてあったが、鶏っぽい風味はあまり感じられなかったなぁ。

量が少ないこともあって、久々に二郎系でスープまで飲み干した。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー