せたが屋(ひるがお)

2007年12月20日(木)

「せたが屋」の昼の部である「ひるがお」に、ちょっと気になるメニューが登場したようなので行ってみた。到着時には行列は無く空席は2。まずは食券を。前回「魚郎」を食べに来た時は入って右側にあった券売機が、入って左側に移動していた。今回はお目当ての「塩まぜまぜソバ」の食券をチョイス。そして一緒に「塩玉」も購入する。

食券を渡すと「ニンニク」の有無について訊かれたので「入れてください」と応える。店員は男性4名(5名?)+女性1名の計5名(6名?)。相変わらず店の規模の割には大所帯だ。

客席は厨房に面したカウンターに6席と、そちらに背を向ける形の壁に面したカウンターに7席の計13席。前回来た時には壁際にテーブル席があったが、券売機の位置も含めて改装が施されたようだ。そういえば看板も新しくなってたな。

卓上の調味料は、ブラックペッパー、唐辛子、酢。せたが屋では置いてあったガツン汁、ガツンカレー、刻み玉ねぎなどは、ひるがおでは置いてないんだね。ちょっと残念。

さて、出来上がった。丼とともに付属のスープも登場。このとき間違って「ニンニク抜きです〜」と言って出されたので、ニンニクをお願いすると別皿で出て来た。


塩まぜまぜソバ(800円)+塩玉(100円) ニンニク

まずは麺をまぜまぜしてから食べ始める。麺はパスタみたいなツルツルした食感のほぼストレートな太麺。「魚郎」の時の平べったい縮れ麺とは別物であった。


具は短冊切りのチャーシュー、メンマ、フレーク状のホタテ貝柱、もやし、卵黄、魚粉、青海苔、刻みネギなど。オプションの塩玉はその名の通り塩味の味玉。底に沈んだタレは、しょっぱめながらもジャンク度は少なくあっさりめの味わい。付属のスープは魚介風味の塩味で刻みネギ入り。最後にそのスープを丼へ投入して塩ラーメンに。

もっと二郎っぽいテイストを予想していたが、塩味ということもありほぼ別物といった印象であった。

2006年9月22日(金)

昨日から「せたが屋」で「魚郎(ギョロウ)らーめん」という二郎インスパイアメニューが始まったみたいなので行ってみた。そういえばせたが屋が二郎系のラーメンをやるというウワサはだいぶ前からあったな。

田園都市線を駒沢大学駅で下車し、上馬交差点で環七に右折。途中、「つけ麺や 穣」、「赤坂ラーメン」、「ハップンラーメン順基」、「丸金」、「一竜」、「大勝軒」、「珍々ラーメン」など、多くのラーメン屋を横目で見ながら歩くこと15分弱で17時40分頃に到着。先客は無く一番乗り。

定刻18時に開店。この時点で待ち客は10名ほどになっていた。いまさら言うまでもなく、なかなかの人気店である。ちなみに並び方は、歩道を挟んで店の反対側に置いてあるバーに沿って並ぶルールのようだ。

では店内へ。券売機は入って右側に。券売機は現在の野猿と同じ形式のようで、一番上に写真入りのボタンが。

今回は当然「魚郎らーめん」をチョイス。そして一緒に「半熟味付玉子」の食券を購入。さらに食券を渡す時に杏仁プリンのクーポンを提出する。席に着くと店員から「ニンニク入れますか?」と訊かれたので、「入れて下さい」と応える。

店員は厨房に男性5名。みんな背中に「魚」と書かれた黄色いTシャツを着ている。そして客席側にアジア系っぽい女性1名。そんなに広い店ではないにもかかわらず6名の大所帯だ。客席は厨房に面したカウンターに10席ほどと、その後に2人掛けテーブルが2卓。BGMはJ-POP。

卓上の調味料は、GABANのブラックペッパー、唐辛子、赤いパウダー状の辛味、醤油、酢、「ガツン汁」という昆布やかつお節からとったらしい濃縮だし、そして一段高いところに刻み生タマネギ。他に割り箸、爪楊枝、レンゲ、ボックスティッシュなど。店内に給水器があるが、水は店員が持ってきてくれた。

さて、出来上がった。


魚郎らーめん(850円)+半熟味付玉子(100円) ニンニク

具はブタ、茹でたもやしとキャベツ、刻み生ニンニク、そしてオプションの味玉。二郎と全く同じ構成である。ブタは4枚入り。二郎には及ばないが通常のラーメンのものよりは厚めに切られているようで、味付けも程よく軟らかめの食感。

野菜は少なめながら丁度良い茹で加減。もやし8:2キャベツくらいの比率か。オプションの味玉も適度な半熟。麺は平べったい縮れ麺でスープとの絡みも良い。量は225gだそうである。

そしてスープは細かい背脂が浮かぶ魚介テイスト。野猿の和風BBとか新代田のかつお節とかの例を出すまでもなく、二郎と魚介系というのは意外と相性がいい。途中で卓上のタマネギを投入すると、ぽっぽっ屋みたいでいいアクセントに。この卓上タマネギというのはいいシステムだね。

なかなか旨かったので結局スープまで飲み干す。難を言えば850円という値段はちょっと高いかな。ブタを減らして700円くらいで提供してもらいたいものである。

サイドメニューの杏仁プリンは、ラーメンを食べてる途中に登場。名前通り、プリンのような杏仁豆腐のようなデザート。表面にはジャムが掛けられていた。サイズはかなり小さめ。まぁ、100円だからな。


自家製杏仁プリン(クーポン券)


せたが屋

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー