めん処 匠の将 三国志(閉店)

20082月28日(木)

なんか二郎系の店が出来たみたいなので武蔵新田へ。武蔵新田というと近くに「ときん」も有るなぁ。

店は駅からすぐ近くの線路沿いにあったので、迷うことなく到着。店頭には堀切系の店でよく見掛ける文言が。

では店内へ。13時頃の時点で先客、後客ともに無し。メニューはホワイトボードに。「拉麺」1種類にトッピングがいくつかというシンプルな構成だ。今回は拉麺にチーズ、玉ねぎ、煮玉子、キムチを注文。ちなみにメニューには書いてないが、大盛は+100円で可能だそうである。

店員は男性1名のみ。訊くところによるとラーメン大蒲田店の出身とのこと。客席は厨房を囲む形のL字型カウンターに7席。BGMはTOKYO FM。卓上には胡椒2種、唐辛子、醤油ダレ、塗り箸、レンゲ、水差し、コップ、爪楊枝、ボックスティッシュなど。

まずは「野菜の量はどうしますか?」と声が掛かった。そこで「野菜大盛ニンニク」と応える。野菜は茹で置きではなくて、その都度茹でているようである。しばらくすると出来上がった。


拉麺(600円)+とろけるチーズ(50円)+玉ねぎ(50円)+煮玉子(70円)+キムチ(70円) 野菜大盛ニンニク

具はブタ、野菜、ニンニク。そしてオプションのスライスチーズ1枚、煮玉子、玉ねぎ、キムチ。ニンニクは生ニンニクをクラッシャーで潰したもの。玉ねぎは軽く湯通ししていた。

まずは麺から。縮れの入った太麺は堀切系のものとほぼ同じ印象。情報によるとラーメン大と同じ丸山製麺を使っているらしい。

野菜はキャベツともやしが半々くらいの比率で、シャキシャキの茹で加減。ブタは堀切系っぽい小ぶりなものが2切れ入り。

煮玉子は固ゆでタイプ。

事前情報だとスープは魚介系の風味があるとのことだったが、特に感じなかったなぁ。というかずいぶん薄味でダシの味自体をあまり感じられなかった。今日はハズレ?

最後に代金840円ぴったりを払ってごちそうさま。来月からは朝に関西風のうどんの提供も考えているそうである。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー