らうめんさぶ郎 五反田店(閉店)

20096月2日(火)

先月のほぼ同時期に、五反田に二郎風の店が2軒のオープンしたという。そこでとりあえず先に「豚とこむぎ」へ行ってみた。500円セールが先月一杯で終わったはずなのでそろそろ空いてるかと思ってたが、意外や並んでるではないか。

そこで今回はもう1軒の「さぶ郎」へ転進。こちらは並び無し。では店内へ。券売機は入って左側に。メニューは基本的に新橋の店とほぼ同じかな。

今回は「正油豚2枚」と、150円という安さに惹かれて「豚めし」の食券を購入。ラーメン自体も600円なので、最近では安めな部類に入るだろう。たしか新橋は現在700円じゃなかったっけ?

席に着き食券を提出。すると「お好み」を訊かれたので、「ニンニク玉ネギ辛め」と応える。ちなみにさぶ郎の「辛め」は二郎のように醤油ダレを多めにするのではなくて、豆板醤を入れることのようである。また、新橋では卓上におろしニンニクが置いてあるだけだったが、こちらでは刻みニンニクのトッピングも出来るようだ。

店員は男性3名、BGMは洋楽。客席はコの字型カウンターに16席ぐらい。卓上には、醤油ダレ、唐辛子、ホワイトペッパー、割り箸、爪楊枝、紙ナプキンなど。

そしておしぼりと氷の入ったコップは店員から。水は卓上のポットからセルフで。

また、希望者にはエプロンも出してくれるようである。

さて、出来上がった。まずはラーメンが登場。続いて豚めしも出来上がった。


正油豚2枚(600円)+豚めし(150円) ニンニク玉ネギ辛め

麺は中太。新橋と同様に+100円で極太麺に変更することも出来る。

具は薄いブタ2枚、野菜、刻み玉ネギ。野菜はもやし95:5キャベツぐらいの比率で、新橋みたいな山盛りではなかった。刻みニンニクはかなり細かく刻んだものをスープに沈めてあるのか、目視確認は出来ず。スープは細かい背脂の浮いたライトな豚骨醤油。そして「辛め」にしたので豆板醤が浮かんでいた。

サイドメニューの豚めしは、ご飯の上に唐辛子をまぶした細切れブタ、白髪ネギ、ちぎった海苔を載せたもの。

二郎っぽいものを期待すると肩透かしを食らうかもしれないが、コストパフォーマンス的にはそこそこいいんじゃないだろうか。  

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー