極太濁流ラーメン ら・けいこ

2005年7月6日(水)

開店5分前の10時55分に到着すると、先客は無く一番乗り。さすがに平日だと開店待ちをするような人はいないのかな。店は開店前ながら扉は無く開けっぴろげ。へぇ〜、こんな造りだったんだ。店の前のベンチに座って待っていると、定刻よりも早く10時57分に開店したので早速店内へ。

席は厨房に面して一直線のカウンターが8席。想像してたよりも狭い。BGMはロック。店員は現在のドリカムと同じ構成。つまり男女各1名。男性のほうがたぶん店主なのだろう。ダ○カ○に似ているという情報もあったが、個人的には新代田の店主に雰囲気が似ていると思った。

メニューはカウンター上部に。本来のメニューの上に「中華ソバ限定営業中」という貼り紙が。それを見ると、「メンマ入り550円」、「肉入り600円」、「肉メンマ入り650円」、「肉大入り700円」と4種類有るようだ。今回は「肉メンマ入り」を注文する。

ちなみに厨房内の壁には、「夜の部のみ盛りソバ、味噌復活しました」とか「ビール350円」とか「麺は増量出来ますが残さないで下さい」というような貼り紙もあった。

テーブル上には唐辛子、ブラックペッパー、割り箸、爪楊枝、凍らせた水を入れたペットボトルなど。水はキンキンに冷えているのかと思ったが、飲んでみたら意外とヌルかった。他にカウンター上には何故か酒のボトルが。

しばらくするとぽつぽつと客がやって来た。中には注文時に「野菜多め」とコールしていた人もいたので、どうやら野菜増しも出来るみたいだ。

さて、出来上がったようだ。女性の店員から「ニンニクはお入れになりますか?」と訊かれたので「入れて下さい」と応える。


肉メンマ入り(650円) ニンニク

レンゲは丼に入れた状態で登場した。まずは一口。麺は店名に偽りのない極太で、色は黄色く硬めの茹で加減。しいて言うと「あまり縮れてないぽっぽっ屋」というような感じかな。もしくは角ふじか。

一方スープはと言うと、それほど際立った特徴の無い豚骨醤油味で、やや醤油が強め。表面には薄い液体油の層と細かい背脂が少々。具はチャーシュー1枚、茹でたキャベツともやし、メンマ、海苔2枚、刻み生ニンニク。野菜は麺と並行して茹でているので、硬めのバキバキとした食感。もやしよりキャベツが多め。

チャーシューは脂身が層になっていてジューシー。味付けも程良い。しかし「肉入り」で1枚しか入ってないんだねぇ。ということは「メンマ入り」を頼むとチャーシューは入ってないのだろうか? それはあまりにも寂しい…。

麺の量は事前に読んだ名古屋のラーメン本には300gと書いてあったが、実際に食べた感覚では250g程度に思えた。ひょっとして減らしたのか、それとも単なる量のブレか? 食べた感想としては、子安の天空になんとなく似ていると思った。特にチャーシューとかスープの傾向とか。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー