大手町ラーメン

2007年3月29日(木)

13時少し前の時点で先客は4名。券売機は入って右側に。メニューは大きく分けて「スタミナとんこつ」、「とんこつ」、「東京らーめん」の3種類。

店頭には「3種類のこだわり麺とこだわりスープ」と書いてあったが、全然傾向の違うラーメンを3種類用意するところに、逆にこだわりの無さを感じたのは私だけだろうか? しかも「東京らーめん」なのに「白河手もみちぢれ麺」とか書いてあるし…。

今回は当然「スタミナとんこつ」をチョイス。そして一緒に「味付玉子」と「ランチ用ミニ丼 明太丼/チャーシュー丼」と書かれた食券も購入してカウンターへ。ここで食券を提出すると、「ニンニクのほう入りますが?」と店員から声が掛かったので「入れて下さい」と応える。続いて「ご飯のほうは?」とも訊かれたので「チャーシュー丼」を選択。

客席は厨房に面したカウンターに7席と、カウンターともテーブルともつかないような形の箇所に5席+3席ほど。店員は厨房に男性2名と女性1名、ホールに男性1名と女性1名の計5名。この程度の規模のわりには大所帯だ。BGMはNHKテレビ。

卓上には豆板醤、おろしニンニク、すりゴマ、ブラックペッパー、紅生姜、辛子高菜。他に割り箸、レンゲ、ボックスティッシュ、水差しなど。ちなみに1杯目の水は店員から供された。

ところでカウンターの一段高いところに日本酒と缶詰が置いてあるぞ。

もしかして夜は軽く飲める店になるのか? 券売機には無かったけど「瓶ビール 1本500円」の貼り紙があったので、夜は現金制で酒やつまみを出すのかもしれない。

まずは先にミニチャーシュー丼が登場。これはご飯の上に、細かく切ったチャーシュー、刻み海苔、青ネギ、長ネギ、白ゴマを載せたもの。

続いてラーメンが登場。うわっ! 丼がデカッ! まるで洗面器だよ! これは二郎だと麺増しレベルの丼じゃないか? …と思ったらどうやら別の客の品と間違えたようで、改めて私の分のラーメンが登場した。

しかしあれは大盛だったのかなぁ? 普通のラーメン屋だと思って、いきなりあの丼が出て来たら絶対ビビるぞ。


スタミナとんこつ(700円)+味付玉子(100円)+ミニチャーシュー丼(150円/ランチタイム) ニンニク

ではラーメンを。スープはかな〜りライトな豚骨。今まで食べた中では、竹麓輔商店の系統に似ているような気がした。麺は「特注極太麺」と謳うわりには中太レベル。

具はチャーシュー、野菜、青ネギ、刻み生玉ねぎ、海苔1枚、刻みニンニク、そしてオプションの味玉。チャーシューは大判ながらも薄いものが1枚。野菜はキャベツが多めでもやしは少なめ。玉ねぎはザク切りで量も多く、なんとなく「イレブンフーズ」を彷彿とさせた。刻みニンニクは生ニンニクではなくて業務用と思われ風味はイマイチ。

全体的にチェーン店みたいな資本系の雰囲気を感じたが、どこか母体があるのだろうか?

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー