ラーメン大 西荻店(移転→らーめん大 荻窪店

20077月23日(月)

4回目の訪問。券売機を見ると新しく「生卵」と「マヨネーズ」の食券が。ここは来るたびにメニューが増えてるな。

早速新トッピングを試してみよう。マヨネーズに合うメニューといったら、やはり油ラーメンだろうか。ということで油ラーメンとマヨネーズの食券を購入。生卵は油ラーメンには最初から入っているので今回は見送り。

席に着き卓上を見ると酢が置いてある。以前は油ラーメンを頼んだ時のみ出していたのが、卓上に常備されるようになったようだ。

店員は初めて見るメガネの男性。背中に「大」と書かれた紺色のTシャツ姿だ。しばらくすると「トッピングどうしましょう?」と声が掛かったので、「ニンニク」で。


油ラーメン(650円)+マヨネーズ(50円) ニンニク

マヨネーズはレンゲに載せて出て来た。これならば好きなタイミングで使えるね。まずはブタをマヨネーズに付けて食べてみる。ちなみに以前食べた油ラーメンではブタは短冊状に切られていたが、今回は馬場みたいに崩したタイプになっていた。

続いて麺にマヨネーズを絡めて食べる。ジャンクガレッジでもマヨネーズ系のトッピングがあるくらいだから、さほど違和感は無いかな。マヨネーズには結構酸味があるので、敢えて酢を投入することも無かった。

ところで食べ終わってから気付いたけど、ニンニクが入って無かったような?

2007年2月7日(水)

新メニューの「油ラーメン」目当てで訪問。14時半頃の到着で、先客2名、後客3名ほど。券売機で「油ラーメン」と「ビール(缶)」の食券を購入して席へ。

後で気付いたが、油ラーメンって昼10食、夜20食の数量限定だったんだねぇ。昼の遅い時間ながら残っていて良かった。

店員は前回と同じ童顔の男性1名のみ。まずは先に缶ビールと冷したグラスが登場。銘柄はアサヒスーパードライのレギュラー缶。


ビール(缶)(350円)

しばらくするとトッピングを訊かれたので、「ニンニク野菜アブラ味濃いめ」とコール。


油ラーメン(650円) ニンニク野菜アブラ味濃いめ

丼と一緒に酢のボトルも登場。

具は細く切ったブタ、野菜、メンマ、生玉子、刻みネギ、ニンニク。まずは下から麺をほじくり出す。

麺とタレは調理段階で既に混ぜてあったようで程よい味付け。あとは適宜ブラックペッパー、唐辛子、酢を加えて食べ進める。ところで油そばとビールってよく合うね〜。個人的に汁ものと酒はあまり合わないと思っているので、ラーメンよりも焼そばとか油そばとかのほうがやはり相性がいい。状況が許すならば、是非ビールと一緒に味わうことをオススメしたい。

最後にスープ割りをお願い。するとおたま1杯分程度のスープを入れてくれた。

ちょっとスープが多いんじゃないかな〜と思ったら、やはり薄味。ということで、唐辛子や酢を投入して味を調整して飲み干す。

20071月10日(水)

14時40分頃の到着で先客1名、後客2名。店頭に貼られた営業時間を見ると若干変化が。日祝は閉店時刻が早まった代わりに中休みが無くなったようである。

まずは食券を。券売機を見ると新しく「あつもりラーメン」が登場したようだ。ということで早速それを購入してみる。

店員は前回とは違う童顔の男性1名のみ。BGMはJ-WAVE。あつもりの作り方を見てると、茹であがった麺を一度丼に投入。そこで何かとぐりぐり混ぜ合わせた後に皿に盛り付けていた。一旦水で締めない形のあつもりは、堀切系共通仕様のようである。

ここで店員から声が掛かったので「野菜ダブルニンニク」とコール。すると野菜はトングで2掴みとちょっと。前回の「野菜」コールの時は1掴みだったので、ダブルコールは有効のようだ。


あつもりラーメン(650円) 野菜ダブルニンニク

つけダレの中にはメンマ、刻みネギ、細かく刻まれたブタ入り。麺の皿にはブタ2切れ程と野菜が。ニンニクの存在が確認出来なかったけど、もしかして入れ忘れ?

最後にスープ割りをして貰ってフィニッシュ。

2006年11月14日(火)

11月9日に開店した西荻窪のラーメン大へ。ラーメン大は堀切店、蒲田店に続いて3店舗目となるが、開店時から「ラーメン大」を名乗る店としては初めての出店だ。

店は駅から徒歩1〜2分の場所に。昨日までは100円セールで大行列があったらしいが、今日は到着時には店内に1名待ち。まずは食券を。券売機は入って左側に。メニュー構成や値段は基本的に堀切店に準じたものだ。違いは「あつもりラーメン」や「塩ラーメン」が無いこととビールの値段くらい。

今回は「ラーメン」と「味玉」の食券を購入し、カウンター後方の長椅子でしばし待つ。1〜2分ほどで空席が出来たのでカウンターへ。客席は厨房を囲む形のL字型カウンターに8席。堀切や蒲田と同じ席数だが、こちらのほうが広めでゆったりとしている。

店員は上着だけ白いコック服姿の若い男性1名のみ。BGMはJ-WAVE。卓上の調味料は唐辛子、ミル付きの胡椒白黒2種。他に割り箸、爪楊枝、広告付きの紙ナプキン。これは堀切店にも置いてあったな。そして一段高いところにレンゲ有り。水はカウンター一番奥に置いてある給水器からセルフで。

程なく店員から「トッピングありましたら?」と声が掛かった。そこで「野菜ニンニク」とコール。

盛り付けを見てると、野菜コールでトング1掴み。ノーコールと大差無いな。ただし「野菜増し増し」と言ってた客の盛り付けを見ると2掴みだった。どうやら増し増しは通用するようだ。


ラーメン(550円)+味玉(70円) 野菜ニンニク

見た目は堀切そのまんま。味も堀切そのまんま。おしまい。

…ではアレなので少し詳細を。麺は堀切系特有の歯ごたえのある縮れ太麺。量は200g程度だと思うが少々物足りない。ブタは2枚入り。小ぶりでハムみたいな食感だが軟らかい。野菜はもやし7:3キャベツくらいの比率。キャベツが少し硬いかな。

スープは細かい背脂の浮かぶタイプ。オプションの味玉は堀切系特有の甘めの味付け。でもぽっぽっ屋ほど甘ったるくは無い。

量的に物足りなかったのでスープまで飲み干してしまった。あまり新鮮味は無いが、ぽっぽっ屋中野新橋店なきあとこの地区に堀切系の誕生は喜ばしいことであろう。

帰りに道を歩いてたら、近所の主婦と思われる2人連れが「あそこは二郎系うんぬん」という会話をしてるのが耳に入った。とうとう二郎も主婦の井戸端会議にまで登場するようになったか(^^;)。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー