らーめん勝三

20129月20日(木)

札幌滞在3日目。今日は「らーめん てら」という店に行ってみよう。そこは6年ほど前に北海道で初めて二郎風のラーメンを出した店ということで、当時から気になっていたのである。札幌からJRで2駅、琴似へ移動。目指す「てら」は駅からすぐの場所に。

あれ?

事前の調べでは火曜定休のはずだが? と思って調べ直したら、なんと今月から木曜定休に変更されたらしい。そんなの聞いてないよー!!

さて、どうしよう。苗穂に支店もあるが店頭に置いてあったショップカードによると、そちらも同じく木曜定休だ。

そこでケータイ(まだスマホは持ってない)で検索してみると、すぐ近くにも二郎風のラーメンを出している店があるらしい。これは全くノーマークであった。オープンは昨年12月で、なんでも千葉県の「麺屋 青山」出身とか。「てら」から徒歩1〜2分で到着。こちらは無事に営業中。店頭に掲げられた写真を見ると、たしかにソレ風のラーメンがあるようだ。

入口脇のメニューを見ると、「どてちんラーメン」というのがそれらしい。そういえば千葉県に「らーめん どてちん」という二郎っぽいラーメンを出す店があったよな。

では店内へ。券売機は入って左側に。

「味噌」、「味噌辛」、「醤油」、「塩」、「つけ麺」などがありメニューは豊富。その中からここは当然「どてちんラーメン」をチョイス。ちなみに月替りで限定メニューも出しているらしい。

店員は若い男性1名のみ。BGMはJ-POP。客席は厨房に面した直線のカウンターに9席。卓上には、ブラックペッパー、唐辛子、ラー油、お酢、餃子のたれ、胡麻、割り箸、爪楊枝、レンゲ、水差し。そして一段高い場所にはボックスティッシュ、髪止めなど。

さて、出来上がった。


どてちんラーメン(680円)

具はチャーシュー、野菜、そしてはじめからニンニク入り。ただし業務用っぽいニンニクであった。ちなみに野菜増しも無料でOKのもよう。では麺から。麺はツルツルした食感の中太麺。これは地元のカネジン食品製らしい。

チャーシューは薄っぺらいもものが1枚のみ。少し炙ってあるのかな?

そしてスープ。これが何故かほとんど味が無い? これははたして醤油味なのか塩味なのか味噌味なのか? つまりタレがほとんど感じられないのだ。この手のラーメンはちょっとしょっぱいくらいがそれらしい味わいになると思うのだが。まさか卓上の餃子のたれを入れるわけにはいかないしなぁ。

なんだか先日の「山次郎」とは違って、二郎食ったことのない人間が見た目だけ真似て作ったようなラーメンという印象であった。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー