雷 本店

20126月2日(土)

柏まで出掛けた帰りにどっかでラーメンを。松戸や守谷も考えたけど、夜の部の開店までしばし時間がある。そこで北松戸で下車。駅からほど近いこちらの店に来てみた。中休み無しの営業が有難い。

ここは松戸の人気店「中華蕎麦とみ田」の関連店ということで、前から気になっていた店である。2009年11月オープンということは、もう2年半ぐらい営業してるんだな。では店内へ。券売機は入って左側の奥に。メニューは基本的に「雷そば」、「雷味噌」、「つけ雷」の3種類。

今回はオーソドックスに「雷そば」をチョイス。そして18時までは50円引きの「雷飯」も食べてみよう。これは「半ギョーザ」の食券を買って口頭で注文する方式のようだ。

席に着き食券を提出すると、なんだかライトにするかどうかみたいなことを訊かれたので、とりあえず「こってりで」と言っておく。続いてニンニクを入れるかどうかも訊かれたので、当然入れてもらう。店員は男性3名と女性1名。BGMはJ-POPというかHIP HOPぽいものが流れていた。

客席は直線のカウンターに8席ほど。そしてカウンターとは衝立てを挟んだ向こう側にテーブルが3卓ほど。厨房は入口から見て右奥に。店内には提灯がたくさんぶら下がっていた。卓上には、醤油(?)、酢、胡椒、唐辛子、2種の箸、爪楊枝、レンゲ、紙ナプキンなど。水はポットからセルフで。

目の前にはお勧めのトッピングや食べ方の案内も。

あ、これを眺めてて思い出したけど、カレーを頼むの忘れてた。そこで追加で食券を購入し店員に渡す。この時に別皿でお願いする。

思ってたよりも時間が掛かり、10分ちょっとでラーメンが登場。続いてカレーが別皿で登場。


雷そば(680円)+カレー(挽き肉)(120円) ニンニク

まずは麺から。角張った形状でストレートな太麺。しいて言うと池袋あたりに近い感じか。麺の量は並だと150gと、この手のラーメンの中ではなかり少なめ。ご飯ものと合わせるならこのぐらいでちょうどいいけど。

豚は1枚ながら、わりと大判なロールされたバラ肉。

スープはクリーミーな乳化タイプ。こってりで頼んだからか、背脂の塊が結構入っていた。野菜はほとんど生に近いシャキシャキとした茹で加減。

少し遅れて雷飯が登場。これはご飯の上に、ほぐしたチャーシュー、大根おろし、刻みネギ、刻んだ大葉などを載せたものであった。


雷飯(200円/タイムサービス)

半分くらい食べたところで、ラーメンにカレーを投入。これでカレーラーメンに。

そして雷飯にもカレーを投入。挽き肉入りなので、キーマカレーっぽい味わいに。

さらにカレー味になったラーメンのスープも後からご飯に投入。

ご飯ものも一緒に食べると、さすがに結構腹一杯になったな。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー