ニンニクげんこつらあめん花月 寅 吉祥寺店(閉店)

2007年7月11日(水)

花月チェーンで昨年秋に期間限定販売した「ラーメン太郎」が、改良されて「ラーメン新太郎」として復活するとの情報が。とりあえず本日から朝霞田島店、荻窪西口店、吉祥寺店、笹塚店、江戸川橋店、駒沢大学店、イオン八千代緑が丘店の7店で先行販売するという。そこで早速吉祥寺店へ行ってみた。

店頭にはラーメン新太郎の告知がデカデカと。

では店内へ。券売機は入って左に。太郎の時と同じく、「ラーメン新太郎」(680円)と「ラーメン新太郎 豚ダブル」(880円)の2種類のボタンが。

今回は「ラーメン新太郎」をチョイス。そして昨年の経験からそれだけでは足りなさそうなので、「ニンニク豚めし(小)」の食券も合わせて購入する。

席に着いて食券を提出。すると以下の応募シールを渡された。現在こういうキャンペーンをやっているらしい。

客席は厨房を囲む形のL字型カウンターに11席。店員は男性1名のみ。チェーン店というと店員が無駄に多いイメージがあるが、ここは1人で回してるんだね。メニューが多いから結構大変そうだ。

卓上の調味料はしょうゆ、酢、ラー油、ブラックペッパー、唐辛子、秘伝のらあめんタレ、激辛壺ニラ、ライス用ふりかけ。他に割り箸、爪楊枝、ボックスティッシュ、水差し等。

さて出来上がった。まずはラーメンが登場。

そういえばニンニクが無いね。ということで訊いてみたら、生ニンニク3粒とクラッシャーが登場。太郎の時と同じスタイルだ。

ところで私は昨年太郎を食べているのでニンニクを頼むことが出来たが、ニンニクサービスは店内のどこにも告知が見当たらなかったし、公式サイトにも書いてなかったので、初めて食べる人はこのサービスがあることに気付かないのではないだろうか。

最後にニンニク豚めしも登場して全て出揃った。


ラーメン新太郎(680円)+生ニンニク生しぼり(無料)+ニンニク豚めし(小)(280円)

具はチャーシュー、野菜。そして野菜の上にはブラックペッパーが掛けられている。見た目は去年の太郎とあんまり変わらない。ではまずは麺から。太郎の時よりは若干太くなったような? そして食感もモチモチとした感じに。

公式サイトには「前回の『ラーメン太郎』の麺を大きく量も味わいも増した」と書いてあったが、たしかに量も多少増えてるかもしれない。それでも200g程度かな?

スープは細かい背脂が浮かぶ豚骨醤油。以前よりも少し醤油が強くなったような印象。チャーシューは薄っぺらいのが2枚入り。太郎の時は3枚だったのが減ってるね。そして野菜もキャベツの比率が少なくなった。

後半、卓上の激辛壺ニラを投入。するとパンチが増してなかなかグー。

サイドメニューのニンニク豚めしは、ご飯の上に細かく刻んだチャーシュー、刻み海苔、青ネギが載ったもの。あまりニンニクの風味は感じられなかった。

リニューアルしたラーメン新太郎であるが、もう少し「ボッケもん」に近いものになっているかと思っていたけれど、太郎のマイナーチェンジといった感じであった。まぁ、全国の花月で販売するわけだから、どうしても無難な路線になってしまうのだろう。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー