らーめんKaeru

200910月22日(木)

9月27日にオープンしたという中野の「Kaeru」へ。中野駅を北口に出て中野サンモールを直進。そして中野ブロードウェイの手前で、狸小路という道へ右折。すると左側に店が見えてきた。駅からは3分ほどで到着。

ネット上で調べた限り定休日が不明だったので営業してるか一抹の不安があったが、どうやら来週から月曜定休に決まったようだ。

では店内へ。券売機は入って左側に。

メニューは基本的に「らーめん」、「つけめん」、「油めん」の3種類。今回はオーソドックスに「らーめん」の食券を購入。この時点でちょうど満席だったため、しばらく店外で待機。さほど待たずに席が空いたのでカウンターへ。そして食券を提出する際に、無料トッピングの「玉ねぎ、にんにく、生たまご、ごはん」をお願いする。

店員は若い男性2名。BGMは洋楽。客席は厨房に面したL字型カウンターに7席。卓上には、らーめん用たれ、お酢、唐辛子、ミル付き黒胡椒&白胡椒、のりたまのふりかけ、割り箸、爪楊枝、ボックスティッシュ、ポケットティッシュなど。水はカウンター一番左に置かれた給水器からセルフで。

しばらくすると、先にごはんと生たまごが登場。続いてらーめんが登場した。


らーめん(700円) 玉ねぎにんにく生たまごごはん

まずは麺から。縮れの強い太麺は、ぽっぽっ屋と非常によく似ている。

具は、チャーシュー、野菜、キクラゲ、刻み玉ねぎ、ニンニク。これもぽっぽっ屋と全く同じ。そのことからも推察される通り、この店はぽっぽっ屋出身の人がやっているらしい。チャーシューは巻いたタイプが1枚入り。野菜はもやし9:1キャベツぐらいの比率。スープは細かい背脂が浮かんで甘味があり、いかにも堀切系といった味わい。

さて、サービスの生たまごはどうやって食べようか。小皿に割り入れると、既に麺などを漬ける余地は無し。そこでご飯にかけて、玉子かけご飯として食べることにした。

最近堀切系は増殖気味なのでそれほど新鮮味は無いが、ご飯や生玉子のサービスは目新しいかな。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー