ジャンクガレッジ(大つけ麺博)

200910月29日(木)

10月22日から11月11日までの3週間、日比谷パティオにおいて「大つけ麺博」というイベントが開催。その第2陣として、10月29日から「ジャンクガレッジ」が参加するというので行ってみた。今年はこういうラーメンイベントが多いな。

会場は地下鉄・日比谷駅のA11出口からすぐの場所。

会場に到着すると、各店結構行列が出来ている。はやる気持ちでとりあえずチケット売り場へ。チケットは1杯800円。

そして早速ジャンクガレッジの行列最後尾へ。各ブースの行列を見ると、「中華蕎麦とみ田」が一番長いようであった。

しばらく並んでいると、店員がやって来て食券の回収を。ここで追加トッピングが有る場合は、現金で注文するようだ。ちなみに追加出来るのは、「子豚増し」150円と「辛味増し」100円。

両方とも別に増したいとは思わなかったので、そのまま食券を渡す。現金追加で大盛が出来たらよかったんだけど。隣の大勝軒は大盛に対応してたんだけどなぁ。

結局25分ほど並んで品物を受け取る。そしてテーブル席へ移動。ちなみに卓上には調味料類は無し。また飲料水も無くて、飲み物が欲しい場合は自販機から。

では、いただこう。


まぜつけ(800円)

容器の中の構成は、つけダレ、麺、ニンニク。ニンニクは注文時に有無を訊かれるわけではなくて、最初から盛り付けられてあった。ただし別盛りなので、不要な人は使わなければよいということだろう。

まずは麺から。麺の上には、カツオ節、揚げニンニク、揚げネギ、ベビースターラーメン、生玉子を溶いたようなものがトッピング。そして「まぜつけ」というだけあって、はじめから麺にはタレが絡めてあるようで、つけダレにつけずとも食べられるようになっていた。麺は冷してなくて、あつもり仕様。

つけダレの中にはブタとネギ入り。ブタは巻いたタイプのものが1枚。

続いてつけダレに麺をつける。

豚骨ベースと思われるつけダレには、香ばしい風味のある辛味も。これはこちらによると、「ニンニクと焼きエビと背脂を炒めた自慢の辛味油」だそうである。

しかしなにぶん量が少ないなぁ。まぁ、こういうイベントはしょうがないんだろうけど。この量ならば3杯は食べられると思うが、時間と金がもったいないので1杯だけで会場を後にする。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー