らーめん響(閉店)

20093月18日(水)

本日オープンの「らーめん響」という店へ。場所は下高井戸駅から日大文理学部へ向かって徒歩5分ぐらい。店頭のお祝いの花の中には「基乃」からのものが。ということはVISP系の店なのだろうか?

では店内へ。券売機は入口正面に。

ちょっと画像の写りが悪いので、メニューは以下の店頭に置いてあったチラシも参照を。基本的に醤油と味噌の2本立ての構成のようだ。今回はオーソドックスに「醤油らーめん」の食券を購入。

席に座り食券を提出すると、「野菜とニンニクの量はどうしますか?」というふうに声が掛かった。そこで「野菜大盛ニンニク」と応える。すると再度「ニンニクの量はどうしますか?」と訊かれたので「普通で」と返答する。さらに本日は開店サービスで玉子か海苔が無料になるというので玉子のほうをお願いする。

店員は男性3名。BGMは無し。客席は厨房に面した変形的なコの字型カウンターに10数席。ただし一番奥の一角は茹で釜の熱で暑いらしく、そこには客を座らせないようにしていた。卓上には、ブラックペッパー、七味、豆板醤、割り箸、爪楊枝、レンゲ、ボックスティッシュなど。

そしてポットに入ったお茶は、高山茶とかいう台湾で人気のお茶らしい。

ここで以下の2枚の無料券も手渡される。

程なく出来上がった。


醤油らーめん(600円)+味付とろ玉子(サービス) 野菜大盛ニンニク

具はチャーシュー1枚、野菜、刻みニンニク、そしてサービスの味玉。チャーシューは割りと厚切りでトロトロとした食感。少ししょっぱめの味わい。野菜はもやし8:2キャベツぐらいの比率でシャキシャキの茹で加減。大盛にすると麺と同じかそれ以上のボリューム。味玉はトロリと半熟。

麺はやや平べったい形状の縮れ太麺でツルツルとした食感。ビニール袋から出してたので、たぶんどっかの製麺所製だと思われる。スープはわりとあっさりとした甘辛い醤油味。

駅の南北という違いは有るが、「らーめん大」と量的にも価格的にも思いっきり競合しそうな印象であった。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー