麺場 花火(閉店)

20103月16日(火)

近くまで行く用事があったので、ついでに「麺場 花火」というラーメン屋へ。ここは麺屋武蔵青山の店長だった人が、昨年11月にオープンした店らしい。

まずは食券を。券売機は店頭に。タイミング良く現在「ガツ蕎麦」というガッツリ系の限定メニューがあったので、当然それをチョイス。というか、これが有ると知ってたから来たんだけど。

このメニューは夕方17時から20食限定のもよう。

食券を店員に渡すと、「ニンニクお入れしますか?」というふうに訊かれたのでお願いする。続いて「限定麺は野菜増しも出来ますが?」というふうにも訊かれたので、これもお願いする。

店員は男性2名。BGMはオシャレな洋楽。客席は厨房に面したカウンターに5席と、4人掛けテーブルと2人掛けテーブルが2卓ずつ。卓上には、柚子酢、辛味、魚粉、割り箸、爪楊枝、水差し。水差しの中には炭が入っていた。

さて、出来上がった。


ガツ蕎麦(限定麺)(900円) ニンニク 野菜増し

うわっ! なんだこの野菜の盛りは!

う〜ん、やはり初訪問のインスパイア系でヘタに野菜増しを頼むのは危険だな。昼飯をまともに食べてなかったから、つい頼んでしまって後悔。とりあえず野菜から食べ始めるが、ポロポロとこぼれて非常に食べづらい…

最初はもやしオンリーかと思っていたら、下のほうからキャベツも登場。他に具はチャーシュー3枚ほど、メンマ、鰹節、おろしニンニク。野菜を20口ほど食べたところで、ようやく麺の層に到達。麺はツルツルした食感のパスタっぽい中太麺。

スープはなんとなくバターっぽい甘い風味を感じた。途中で辛味、魚粉、柚子酢を投入。

しかし野菜が多過ぎて全体的な味の印象がぼやけてしまった。量的には丼が小さいので問題無く食べきれたが、味のバランスを考えると野菜は増さないほうがよかったな。ちなみに他の客がガツ蕎麦の野菜普通盛りを頼んでいたが、見ると野菜の量は野菜増しの1/3程度に見えた。あの程度で充分だったよ。

以下は同行者が頼んだ「あじ玉青山ら〜麺」。


あじ玉青山ら〜麺(850円)

スープを一口だけ飲んだが、柚子の風味がけっこう強めであった。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー