超こってり 極太ラーメン ごってり屋(閉店)

2006年5月2日(火)

鴨宮駅から徒歩10分ほどで到着。11時45分頃で先客3人、後客4〜5人。思ってたより客の入りはいいようだ。カウンターに座り、まずはメニューをチェック。メニューは壁に大きく掲げられている。

「ぶた増し」とか「野菜多め」とか、明らかに二郎を意識していると思われるメニューだ。程なく店員がやって来たので、「豚増しらーめん」を野菜多めで。そして「ごはん」も一緒に注文。

店内は壁を向いた形のカウンターに8席と、小上がりに4人掛テーブルが3卓。内装は黄色と黒を基調としたもの。厨房は奥にあるので、調理の様子はよく見えない。店員は接客担当のおばちゃんと、厨房に男性が2名いるのが確認出来た。BGMはJ-POP。

テーブル上の調味料は、おろしニンニク、豆板醤、GABANのブラックペッパー。他に割り箸、爪楊枝、灰皿、ボックスティッシュ、マンガ。水は1杯目は店員から供されるが、おかわりは水差しからセルフで。

さて、出来上がった。ラーメンとごはんが同時に登場。


ぶた増しらーめん(850円)+ごはん(100円) 野菜多め

まずは麺から。ほぼストレートの太麺でツルツルとした食感。しいていうと池袋店の麺に近いか。量は200gくらいだと思われる。

具はぶた、茹でたもやしとキャベツ、青ネギ。「ぶた」は甘めに味付けされたバラ肉が6〜7枚ぐらい。野菜はキャベツが多めでクタクタの茹で加減。「野菜多め」で注文しても大した量ではない。

スープを飲んでみようと思い、丼の下に敷いてある皿に置かれたレンゲを取る。するとこのレンゲがデカい! これは使いづらいよ〜。今は無き「盛もり」のレンゲを思い出した。それよりは少し小さかったけど。

スープは少しトロみのある豚骨醤油。背脂は浮かんでなく、アブラは完全にスープに溶け込んでいるようだ。なんだか少し焦げたような風味があったが、これはゴマ油の香りか?

ごはんは小ぶりの茶碗に。やや軟らかめの炊き加減。具を載せて「セルフぶためし」にしてみた。

会計は帰り際にレジで。都合950円也。この界隈にはたぶんこの手の店は他に無いと思うので、そこそこ支持を得ているような感じであった。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー