たいやき本舗 藤家 泉店

20124月24日(火)

仙台へ遠征。当初の計画では仙台に到着した足でそのまま二郎に向かう予定であった。しかしまさかの臨休メルガマが。そこで計画の変更を余儀なくされることに。

ここで急遽候補に浮上したのが「藤家 泉店」。仙台にも二郎風のラーメンを出す店がいくつか有るようだが、その中ではこの店が一番気になっていたところであった。そしてどっちみち泉中央には別の目的で行くつもりだったので、立地的にも好都合だ。

ということで仙台から地下鉄に乗って終点の泉中央へ。駅からは徒歩10分ほどで店に到着。

外観はどう見ても鯛焼き屋だ。はたして鯛焼き屋が提供する二郎風ラーメンとは如何なるものか? ちなみに店頭の自販機には、しっかり黒烏龍茶も配備。

では店内へ。客席は入って左側にカウンターが3+2=5席。そして右側に4人掛けと2人掛けのテーブルが1つずつ。厨房は奥に有り、調理の様子は覗えず。

まずはメニューをチェック。麺類は基本的にラーメンとつけめんの2種類。

そして鯛焼き屋なのでもちろん鯛焼きも有る。ただし私が店に滞在していた時には、鯛焼きを買いに来た客は無く全てラーメンの客のみであった。

今回は「鯛焼きラーメン」をニンニク入りでオーダー。店員は坊主頭でメガネの男性のみ。BGMは厨房内でAMラジオが流れているようであった。

卓上には、ブラックペッパー、醤油ダレ、唐辛子、割り箸、レンゲ、爪楊枝。水は給水タンクからセルフで。

さて、出来上がった。


鯛焼きラーメン(680円) ニンニク

丼には鯛焼きが堂々と鎮座。なんとも珍妙なビジュアルである。

それでは麺から。角張った断面の太麺はしいていうと辰屋に近いような。

スープはかなりしょっぱめな味わい。具はブタ2切れ、野菜、ニンニク、そして鯛焼き。ブタは厚切りであるがみっしりした食感で味付けは薄め。

ニンニクは刻みではなくてすりおろしっぽく見えた。そして注目の鯛焼きは、小ぶりなものが1個入り。中身はアンコではなくて、ピザまんの具のようなものが入っていた。

食べる前はちょっとキワモノかと思っていたが、ラーメン自体は意外と悪くなかった。流行りに乗っかってこういうラーメンを始めたというよりは、二郎好きが高じて始めてしまったというような雰囲気が感じられた。そういえば店内に帝京大学関連のものが飾られていたけれど、店主はもしかして学生時代に野猿二郎にでも通っていたのかな?

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー