らぁ麺 つけ麺 ふえ木

20096月25日(木)

昨年10月にオープンした「ふえ木」という店で、「ふえ郎」という二郎インスパイアラーメンを出してるという。そこで新京成に乗って二和向台へ。駅からは徒歩4分ほどで到着。

店内のボードには6月17日〜29日は「ふえ郎ラーメンDAY」として、通常メニューはお休みとの案内が。以前は毎月最終月曜限定でふえ郎を出してたらしいが、今月はずいぶん長期間である。このままこちらが通常メニューになったりして。

券売機は入って右側に。メニューは基本的に「ふえ郎ラーメン」、「ふえ郎あつ盛り」、「ふえ郎つけ麺」の3種類。

今回は「ふえ郎ラーメン」と「タマゴ」の食券を購入し着席。店員は男性2名。BGMはJ-WAVE。客席は厨房に面したカウンターに8席。店内には待ち用と思われるソファーも置いてあった。

卓上には、唐辛子、ブラックペッパー、ラーメンのタレ、爪楊枝、アンケート用紙、2種の箸、レンゲ、ボックスティッシュなど。水は客席背後に置かれたタンクからセルフで。

そしてカウンターにはメルマガの案内も。

しばらくすると「ニンニク入れますか?」と声が掛かった。そこで「入れて下さい」と応えると登場。


ふえ郎ラーメン(700円)+タマゴ(100円) ニンニク

まずは麺から。これが想像してたよりも極太。ビニール袋から出して茹でてたので製麺屋製だと思われる。その袋を見ると浅草開化楼のように見えた。量は200g程度だろうか。

具はチャーシュー、野菜、刻みニンニク、そしてオプションの煮玉子。チャーシューはさほど大きくは無いが厚切りのものが2切れ入り。野菜はほぼもやしでクタっとした茹で加減。玉子は程よい味付けでトロ〜リと半熟。

スープは二郎風というよりも、券売機に書かれた文言通りの背脂トンコツ醤油といった印象であった。メルマガによると、7月も同じパターンで月の半分はふえ郎DAYとなるそうである。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー