らーめん大 下高井戸店

201311月4日(月)

諸事情で夕飯は外食に。そういえば夜にラーメンを食べるのは、昨年の三田以来である。最近はなんとなく夜にラーメンを食べる気にはならないんだよなぁ。さて、この日はあいにく月曜祝日で休みの店が多く選択肢が狭まる日。ということで、こういう時の「コンビニエンス二郎」ことらーめん大へ行ってみた。

到着時には店内に子ども3人を連れた家族を含む8人待ち。休日だからか思ってたよりも混んでるな。まずは食券を。4年前に来た時とメニューを較べると、「油そば」が消滅。そして「こま切れ豚」が「くずれチャーシュー」に変わって20円の値下げ(ただし売切れ表示)。そして以前の「大盛」が「中盛」に名称変更したものの、新しく「大盛」の設定は無し。そういえば後で気づいたけど、先日行った練馬店にも大盛が無かったな。もしかして残す客が多かったのだろうか? 他のらーめん大はどうなんだろう?

今回はオーソドックスに「らーめん」の食券を購入。そして待ち客の先頭になったところで店員から食券の提示を求められる。店員はらーめん大としては珍しく2名体制。BGMはラジオ。結局並んでから20分弱で着席。そういえば以前は8席だったはずだが、いつの間にか10席に増えていた。

程なく店員から声が掛かった。そこで「野菜多めニンニク」とコール。ちなみに前述の家族連れのうちの子供の1人が、なんと「野菜増し増し」で注文していた。おそらく小学生だと見受けられたが、なんとも末恐ろしい…


らーめん(650円) 野菜多めニンニク

まずは野菜の上から卓上の醤油ダレを回し掛け。そして野菜をある程度減らしてから麺へ。なんか今回もちょっと細く感じたけど、きっと気のせいだろう。ブタは3切れほどの分量で、ホロリとした歯ごたえ。「野菜多め」で頼んだけど、今回はちょっと物足りないくらいだった。これならば「野菜増し」にしておいてもよかったかも。そこで最後はスープを8割くらい飲んだ。

20096月30日(火)

「油そば」目当てで15時過ぎに訪問。予定通り「油そば」の食券を購入し着席。店員は男性1名のみ。ほどなく「トッピングどうぞ」と声が掛かったので「ニンニク」で。それからさらに数分待つと出来上がった。


油そば(800円) ニンニク

具はブタ、野菜、卵黄、メンマ、刻みネギ、ニンニク。ブタは普通サイズのものが2切れと、細切れ状のものも入っていた。しばらく食べ進むと、麺の中からベビースターラーメンが登場。

過去に「大」では蒲田、西荻、高円寺で油そばを食べているが、これは今までにない具材だ。下高井戸店限定仕様だろうか。ただし麺の中に混ざっていたので少しふやけてて、パリっとした食感を味わえなかったのはちょっと残念である。

20093月5日(木)

2度目の訪問。到着時には満席で店内に1人待ち。券売機を見ると営業時間変更の貼り紙が。それによると今月から中休みが無くなり通し営業となったようだ。

続いてメニューを確認すると「めんま」が無くなった以外は前回訪問時と変化は無し。ただし「油そば」には「15:00〜17:00限定」という但し書きが。要はヒマな時間帯のみの提供ということなんだろう。

今回は「塩らーめん」と「魚粉」の食券を購入。待ち席に座っていると店員から「食券を見せて下さい」と声が掛かったので食券をかざす。今日の店員は坊主頭の男性1名。ほどなく席が空いたので着席。卓上を見ると、ホワイトペッパーが無くなってブラックペッパーのみになっていた。

しばらくすると「トッピングどうぞー」と声が掛かったので「ニンニク」で。コールをしないと野菜は少なめ。


塩らーめん(600円)+魚粉(50円) ニンニク

今回初めて「大」で塩+魚粉という組み合わせを試してみたが、これが予想以上に相性バッチリ。ただし二郎っぽさからはだいぶ遠ざかってしまうけど。たまに目先を変えたい時にはおすすめかな。ちなみに私の後の客も塩+魚粉で注文をしていたが、けっこう人気のある組み合わせなのかもしれない。

20088月28日(木)

8月23日にオープンした下高井戸のらーめん大へ。京王線下高井戸駅改札口からは徒歩3分弱で到着。店頭の看板を見ると、屋号の前に「ニンニク入れますか?」の文字が。これは蒲田店の線路側の看板と同じようなデザインだね。

到着時には6名待ち。100円セールが終わっても、まだ客足は良いようだ。とりあえず先に食券を。券売機を見ると、この店独自のメニューは特に無いもよう。

今日は蒸し暑かったので「つけらーめん」をチョイス。ちなみに「油そば」、「豚(ちゃーしゅー)」、「味付卵」、「こま切れ豚」には売切れランプが灯っていた。

客席はステンレス製のL字型カウンターに8席という、らーめん大の標準仕様。店員はオープンからまだ日が浅いこともあってか男性2名体制。いずれは1人で回していくようになるのだろうか。BGMはJ-POP。

客層は二郎とは違って老若男女バラエティーに富んだ構成。そのため回転は悪く、20分ほどでようやくカウンターへ着席。卓上にはミル付きのホワイトペッパー&プラックペッパー、醤油だれ、唐辛子、割り箸、レンゲ等。水はカウンター奥に置かれた給水器からセルフで。

しばらくするとトッピングを訊かれたので「ニンニク野菜」とコール。

さらにしばらく待つと、つけダレと麺と具の載った皿が登場した。堀切店はこの前行った時には麺が丼に入ってたけど、ここは皿なんだな。


つけらーめん(700円) ニンニク野菜

つけダレの中には、細切れのブタ、メンマ、刻みネギ、ニンニク入り。麺の皿にはブタ3切れと野菜入り。野菜の盛りが結構良くて、しばらく野菜を食べ続けたところでようやく麺に到達。野菜は暖々の「野菜ちょっと多め」ぐらいあったかも?

味のほうは基本的に他のらーめん大と大差無し。ただし店内に置かれていた醤油の箱を見ると窪田味噌醤油ではなくて、ちば醤油(株)と書かれていた。大グループ全体で醤油を変えたのか、それとも下高井戸だけ違う醤油を使っているのか?

最後にスープ割りを貰って締める。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー