らーめん大 大久保店

20099月19日(土)

新宿に出たついでに大久保の「大」へ。入口の扉には「味噌 新発売」の文字が。味噌にはらーめんとつけめんの2種類あるようだが、つけめんのほうには「準備中」という紙が貼られていた。

では店内へ。券売機を見ると「コク味噌らーめん」が増えた以外は、特にメニューに変更は無いもよう。

今回は新登場の「コク味噌らーめん」と「ウーロン茶 ジュース」と書かれた2枚の食券を購入。飲み物は券売機隣の冷蔵庫からセルフサービスとのことなので、ウーロン茶のボトルと冷えたグラスを自分で取り出す。ちなみに冷蔵庫には瓶ビール2種とコカコーラのロング缶も入っていた。


ウーロン茶(120円)

店員はこのチェーンにしては珍しく2名体制。卓上を見ると従来から有る胡椒2種と唐辛子の他に、柚子入り七味、柚子こしょう、ラー油、酢、山椒、青海苔、すりゴマといった調味料が新しく置かれていた。

ほどなくトッピングを訊かれたので「ニンニク」で。カウンターには4段階の野菜の盛り具合が写真付きで説明されていた。「多め」よりも「まし」のほうが多いんだな。

さて、出来上がった。


コク味噌らーめん(800円) ニンニク

具は野菜、刻み玉ねぎ、ニンニク。そしてアブラコールしてないにもかかわらずアブラが振り掛けられている。味噌だと自動的にアブラがトッピングされるのだろうか。

そして何故かブタが見当たらない。味噌ラーメンだとチャーシューの代わりに挽き肉を入れる店もあるので、念のためスープの中を探ってみたがそれも無いようだ。そこで店員に「味噌だとチャーシューは入らないのですか?」と訊いてみると、どうやら入れ忘れてたらしく別皿で出してくれた。

スープは先日食べた本郷店の「辛味噌つけラーメン」に似たような味わい。レシピは2店共通か? ただしつけ麺と違って、辛味は加えてないもよう。途中で卓上の各種調味料を使ってみる。これらの調味料は、「油そば」のほうがより威力を発揮しそうだ。

20095月7日(木)

4月17日にオープンした大久保の「大」へ。最寄り駅は大久保だが、新宿駅から小滝橋通りを徒歩で北上。途中に二郎が有るがスルーして、結局12分ほどで到着。ちなみに大久保駅からだと2〜3分ぐらいだろう。

本郷以降の新店は看板に支店名の表記が無かったが、ここは「大久保店」と書いてあるんだね。

券売機は入って左側に。メニューの中で目新しいのは「ソフトドリンク」ぐらいか。今回は基本の「らーめん」のみをチョイス。

到着時には空席1つですぐに着席。店員は男性1名のみ。BGMは洋楽。客席は厨房を囲む形のL字型カウンターに8席という、「大」の標準仕様。

卓上には、ミル付きホワイトペッパー&ブラックペッパー、唐辛子、割り箸、爪楊枝、レンゲ、ボックスティッシュなど。水はカウンター一番奥の給水器からセルフで。

程なく「トッピングどうぞ」と声が。そこで「ニンニク野菜」とコール。

トッピングを訊くタイミングはわりと早めで、それから数分待つと出来上がった。


らーめん(600円) ニンニク野菜

まずは野菜を少々片付けてから麺へ。ここは醤油ダレを置いてないので、野菜に味を付けられないのがちょっと残念。麺はいつもの丸山製麺の縮れ太麺。

スープは堀切系らしい甘辛。ブタは小ぶりなものが3切れ。例によって「大」は店舗間の差異が少ないので、後は特に書くこと無し。これでらーめん大全店制覇に一応再リーチとなった。でも近々練馬にも出来るらしい。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー