らーめん大 福岡 大橋店

20145月22日(木)

福岡へついでに「らーめん大」へ寄ってみた。2009年10月オープンというから、出来てからもう4年半以上も経つのか。しかし我ながらせっかく福岡に来てるのに、なにも東京に有る店にわざわざ行くことも無いだろうとは思ったが、ついつい持ち前のコレクター魂が疼いてしまった次第である。

場所は西鉄・大橋駅から徒歩3分ほど。では店内へ。券売機は入って右側に。「替え玉はできません」という注意書きが、いかにも福岡ならではである。

メニューは「らーめん」、「塩らーめん」、「つけ麺」などの東京でもお馴染みなものの他に、「福岡限定らーめん」、「特製肉そば」、「鶏唐揚」などが珍しいところ。ちなみに「特製ませそば」は東京の店では「油そば」と呼んでいるものと、店頭の写真を見る限りだいたい同じものだと思われる。

また、券売機には無いが、「めんま」(100円)、「きくらげ」(70円)、「チーズ」(150円)、「自家製辛味じゃん」(80円)、「節粉(ぶしこ)」(80円)、「フライドオニオン」(90円)、「たまねぎ」(70円)、「生玉子」(50円)などのトッピングの案内も店内に貼ってあった。

今回は間違いなく東京の店舗では販売されていない「福岡限定らーめん」を選択。また、「鶏唐揚」も気になったが、腹具合を考慮してやめておく。席に着き食券を提出すると、すぐに店員から「ニンニクお入れしますか?」と声が掛かった。そこで「入れて下さい」と応える。なお、福岡限定らーめんは野菜増しは出来ない旨の貼り紙があった。

この野菜の盛りのサンプル写真は、東京の店に貼ってあるものと同じだ。

店員は男性1名のみ。BGMはラジオらしきものが流れていた。客席は厨房を囲む形のL字型カウンターに10席ほどながら、店内はかなり広々としている。夕方の半端な時間帯だったため、先客、後客はともに無し。

卓上には、ラーメンたれ、お酢、ミル付きのブラックペッパーとホワイトペッパー、唐辛子。そして珍しいところでは、天かす(揚げ玉)が置いてある。これで紅生姜とか高菜なんかが置いてあったら、福岡っぽかったんだが。他に割り箸、爪楊枝、レンゲ、ボックスティッシュ。水は給水器からセルフで。

5分ほどで出来上がった。具は、ブタ、野菜、キクラゲ、メンマ、細切りのネギ。


福岡限定らーめん(小)(680円) ニンニク

まずは麺から。縮れのある太麺は東京と同じものらしく、店内には「丸山製麺謹製」の札が置かれていた。てっきり地元の製麺屋を使ってるものだと思っていたが、わざわざ東京から取り寄せているんだな。調べてみると一時的に博多っぽい細麺も提供していたこともあったらしいが。

野菜はキャベツがちょっと生っぽい茹で加減。ブタは薄切りのものが2枚入り。

スープは細かい背脂の浮いた醤油味で、これも東京とは特に違いは見受けられず。途中で卓上の揚げ玉を投入。揚げ玉はなんかクニクニとした食感であった。

結局「福岡限定らーめん」というのは、単に「らーめん」にキクラゲ、メンマ、ネギがプラスされただけぽかった。でも「らーめん」と同額なので、野菜増しをしないならばお得になるのかな? しかしわざわざ福岡に来てまで食べるようなものでは無いが。

これで「らーめん大」全23店舗のうち18店制覇か… はたして全店制覇した人なんて居るのだろうか?

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー