豚星。

20158月19日(水)

横浜へお出掛け。ついでにどっかでラーメンを。しかしあいにく関内は定休日。そして中山は昼営業に間に合うかちょっと微妙な時間帯。そこでふと思いたって元住吉で途中下車。今年4月に白楽から移転した「豚星。」へ行ってみることに。下調べはあまりしてなかったが、迷うことなく徒歩8分ほどで到着。店舗には看板は無く、店名を示すものは店頭に掲げられた貼り紙のみというスタイルは旧店舗を踏襲している。

 

店頭には、車・バイク・自転車で来る客に対する注意書きが。この日も店員が警察から駐車の件で注意されていたようである。

では、店内へ。券売機は入って右側に。

暑いので今回は当然冷やし系をチョイス。「つけ麺」も有るが、直前にtwitterを見たらオープンから18時までは「冷やし中華」をやってるようなのでそれにしよう。しかしながら冷やし中華の案内は券売機周りには見当たらない。そこでたぶんこれだと思って「限定 850円」の食券を購入。なお、前回食べた「つけ蕎麦」は今日は売り切れランプが点っていた。あと、ビールが「小」、「中」、「大」と3サイズも有るのはラーメン屋では珍しいな。

到着時には店内に1名待ち。しばらくすると店員から食券を求められたので提出。ここで一応確認すると、冷やし中華は「限定 850円」の食券で正解。そういえば食券提出時に「裏で」と申告していた客がいた。「裏って何?」と思って後でtwitterを確認したら、それは「辛冷やし中華」を注文してたようだ。

ところで店内は空調があまり効いてなくて暑い… それでも半分ほどの客はラーメンを食べていた。よくこの暑さで食えるな。結局6分ほどでカウンターへ着席。客席は一直線のカウンターに15席ぐらいと、移転前に較べると増席。店員は男性4名。BGMはJ-WAVE。

卓上には、箸と水差し。一段高いところにはレンゲと空のコップ。調味料は、ブラックペッパー。そしてレモンが漬け込まれたものと、唐辛子と昆布が漬け込まれたものの2種類の液体が置かれていた。これは酢だろうか? なお、移転前には置いてあった唐辛子は無くなっていた。

しばらくすると店員から「限定の方?」と声が掛かった。そこで「ニンニク海老辛」と応える。ここはメニューによって無料トッピングの種類がずいぶんと細分化されているんだな。


冷やし中華(850円) ニンニク海老

一応、逆サイドと横からも撮影。

具はブタ、もやし、海苔、プチトマト1個、フライドオニオン、プレーンなものと味を付けたものの2種類のうすら玉子、鰹節など。そして無料トッピングのニンニクと海老辛。さっそく麺を下から引きずり出す。水で締められたれた麺はプリプリっとした食感。そういえば前回来た時も冷たい麺を食べたんだっけ。麺に絡むタレは「千里眼」の「冷やし中華」みたく、ドレッシングのようにクリーミーでゴマっぽい風味。

ブタは厚切りのものが2切れ。前回のフワトロで絶妙な食感と較べるとやや歯ごたえのある印象。後半、貼り紙に書かれてた「途中、ブラックペッパーをバーッとかけてマゼて食べて下さい。」というオススメに従い投入。さらに酢と思わしき2種の液体もとりあえず投入してみる。

最後はレンゲで丼の底に残った具材を拾いつつ食べ食べ終わる。前回は個人的に結構ギリギリの量だったが、今回は全く苦も無く食べ切れた。移転により以前の学生中心から客層が変わったので、もしかしてちょっと量を減らしたのかも?

20133月15日(金)

昨夏にオープンした豚星へ。結構評判がいいみたいなのでずっと気になっていたが、ようやく訪問する機会を得た。東横線・白楽駅からは7分ほどで豚星に到着。いつもは結構行列してるらしいが、大学生が休みの時期ということもあってか満席ながら並びは無し。人様のブログなどで何度も見てたとおり、看板は無く店名を表すものは店頭に貼られた貼り紙のみという目立たぬ外観。これは逆に自信の表れか?

では店内へ。券売機は入って右側に。

メニューは基本的に「ラーメン」、「辛麺」、「汁なし」、「つけそば」と計4種類。そして辛麺の汁なしやつけそばも出来るらしい。おまけに期間限定で「純汁無し脂そば」なんてのもあり、選択肢が多くて悩ましいところ。

初訪ならばオーソドックスに「ラーメン」を頼むのがセオリーというもんだが、ここは敢えて一番気になっていた「つけそば」にしてみよう。ということで、「小ラーメン」と「つけそば」、さらに「お土産チャーシュー500g」の3枚の食券を購入。ここで店員から先に麺量を訊かれたので、「小のつけ麺」と応える。すると「つけはひやもりとあつもりが出来ますが、どちらにしますか?」というふうに訊かれたので「ひやもり」でお願いする。するとさらに「ひやもりだと麺のほうのアブラが冷えて固まるけどよろしいですか?」みたいなことを言われたので了承する。

店員は以前小金井二郎で見たことのある黒縁メガネの店主と男性助手の2名体制。BGMはJ-ROCKっぽいもの。待つほども無く席が空いたのでカウンターへ。客席は厨房に面した直線のカウンターに9席。卓上にはブラックペッパー、唐辛子、箸。そして一段高い場所にレンゲ。水は給水器からセルフで。

ところでたぶん初めて来たと思われる老人が大ラーメンを頼んでいたが、出て来た丼を見てその量の多さに驚いていた。店員は忠告しなかったのかね? しばらくすると助手から「小つけひやもりの方、ニンニク入れますか?」と声が掛かった。そこで「入れて下さい」と応える。

つけダレと麺の丼が同時に登場。


小ラーメン(650円)+つけそば(150円) ひやもり ニンニク

麺の丼には鰹節、フライドオニオン、くずれた卵黄、ブラックペッパー、ニンニク、そして醤油ダレが入っていて、これだけでも「冷やし汁なし」として食べられるようになっている。コンセプトとしてはジャンクガレッジの「まぜつけ」みたいなもんか。

ということで、まずはつけダレは使わずに麺の丼のほうだけ単体で味わってみることに。麺は水で締めてるせいか、シコシコとした食感。

一方つけダレのほうは麺のおかずとしてこちらも単体で食べ進む。柑橘系の酸味とゴマ油のような風味が効いていて小金井を彷彿とさせる味わい。そしてこれも小金井譲りのシャキシャキとした茹で加減の野菜が、ノーコールでも大量に。この量だと「野菜少なめ」で頼んでいた客がいたのも肯ける。欲を言えば卓上に醤油ダレが欲しかったな。

ブタはバラ肉のロールタイプが3切れ入り。フワトロで絶妙な食感。これはお土産チャーシューも楽しみである。

半分近く食べ進んだところで、ようやく麺をつけダレに投入。

結局7割方はつけダレにはつけずに汁なしとして味わった。最後に魚介の割りスープを頼みたかったが、結構腹一杯になってしまったので断念したのが心残り。メニューも豊富なので、また機会を見つけて再訪したいところ。

さて、食べてる途中で渡されたお土産チャーシューはこちら。

お土産チャーシュー500g(750円)

自宅に帰って重さを量ってみたら、額面通りほぼ500gであった。一切れおまけのように付いてたのは重量調整のためか?

店で食べたのと同じく、しっかりと巻かれたバラ肉チャーシュー。

炙って食べると、ジューシィさが増しておつまみに最適であった。


旧店舗

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー