BRAVO NOODLE(ブラボーヌードル)(移転)

20083月13日(木)

福生行きの切符買って〜♪ ということで、福生に二郎風のラーメンを出す店が出来たらしいので行ってみた。福生に来たのは生涯初めて。ナイアガラーな私が、まさかこういう形で訪問することがあろうとは思わなかった。福生って行く前は遠いイメージがあったが、実際に行ってみたら思ってたよりはずっと近いんだね。中央線の直通運転もあるし。

東口へ出て、富士見通りを真っ直ぐ歩くと右側に店を発見。駅からは3分ほどで到着。駅から店の間だけで、10人くらい外国人を見かけた。さすが米軍基地の街だ。

では店内へ。客席は厨房を囲む形のL字型カウンターに8席と、2人掛けテーブルが2卓。それと奥の座敷にも3卓ぐらい。20時過ぎの到着で、先客後客ともに無し。まずはカウンターに座ってメニューを確認。

ラーメンは「背油チャッチャ系」、「ブラボ郎」、「チャルメラ(支那そば)」の3種類のラインナップ。ここは当然「ブラボ郎」を注文。そして玉子サービスも有るというので入れてもらう。

ちなみに壁には土地柄を反映して英文表記のメニューも。「大ブタダブル」は“large barbecue pork W”かぁ…。なんか品川二郎の「普通盛焼豚大」みたいな違和感が。

店員は男性2名。オープン日を訊いたら2月13日とのこと。どこかから移転して来たとも言ってたな。BGMはJ-POP。卓上には、醤油、酢、ラー油、ブラックペッパー、ペースト状の粗挽きトウガラシ、おろしニンニク、割り箸、爪楊枝、レンゲ、ボックスティッシュ等。水は店員から供されたが、お代わりは給水器から。

さて、出来上がった。


ブラボ郎(800円) 玉子サービス

まずは麺から。断面の四角い太麺で、量はさほど多くは無い。

具はブタ、茹でたもやしとキャベツ、刻みネギ、煮玉子。ブタは大判ながら薄切りで歯ごたえのあるものが1切れ入り。野菜はキャベツ4:6もやしぐらいの比率でちょいクタ気味の茹で加減。煮玉子は程よい半熟で味付けも良い。

スープは醤油味を強めた家系風の豚骨醤油。卓上のおろしニンニク、粗挽きトウガラシなどを適宜投入して食べ進める。粗挽きトウガラシはスプーン一杯入れたら、予想外に辛くて汗をかいてしまった。

煮玉子入りとはいえちょっと値段が高い気がするが、おそらく飲んだ後の客をターゲットにした営業時間を考えると仕方がないのかな。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー