麺屋!ボッケもん 池袋西口店(閉店)

2007年8月13日(月)

7月18日にオープンしたらしい「ボッケもん」の池袋西口店に行ってみた。早稲田、川越に続く3号店となるようだ。一時のVISP系のように、これから一挙に増殖するのだろうか?

JR池袋駅の改札口から徒歩6分ほどで到着。場所は立教大学のすぐ近く。というか、麺屋ごとうの近くでもある。ちなみにごとうは夏季休業中であった。

さて、まずは食券を。券売機は入って右側に。今回は早稲田店では未食の「塩ボッケもんラーメン」と「豚ごはん」をチョイス。

席に着き食券を提出すると「カスタマイズは?」というふうに声が掛かったので、「ニンニク野菜増し増しアブラ」とコールしてみる。早稲田店に行った時には「ヤサイマシマシ」なんて無かったけど、いつの間にかやるようになったんだねぇ。

店員は男性2名。BGMはラジオ。客席は変形L字型のカウンターに8席と、早稲田店に較べると狭い。卓上にはラーメンのタレ、酢、ホワイトペッパー、爪楊枝、紙ナプキン、割り箸、レンゲなど。水は店員から供されるが、おかわりは卓上のポットから。

まずは先に豚ごはんが登場。250円の割には思ってたより量がありそうだ。作ってるところを見てたが、ご飯をボウルに入れてタレ、細切れチャーシュー、ネギ、白い粉と混ぜ合わせていた。作り方が「いごっそう」の豚めしと酷似してるね。参考にしたのだろうか?

続いてラーメンも登場。


塩ボッケもんラーメン(600円)+豚ごはん(250円) ニンニク野菜増し増しアブラ

野菜の標高は結構高め。他の客の丼を見ると、ノーコール→野菜増し→野菜増し増しと、ちゃんと段階的に盛り具合を変えているようだ。あと、早稲田店ではつけめんには野菜が入って無かったが、こちらでは野菜が入っているようであった。

麺は早稲田で食べた時と同様に、やや平べったい太麺で硬めの食感。具はチャーシュー2枚、野菜、ニンニク。そしてトロっとした背脂がトッピング。スープはほぼ予想通りの塩豚骨。

食べる前は豚ごはんと一緒だと量が多いんじゃないかとの懸念があったが、麺の量自体それほど多くないので、思ったよりも楽に食べ切れた。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー