麺や あかつき

200912月10日(木)

12月1日にオープンしたという駒込の「あかつき」へ。場所は駒込駅から徒歩5分ほどの「アザレア通り」の外れ。店舗はビルの入口を入ってさらにその奥という、ちょっと目立たない立地。

券売機は入って左側に。メニューは基本的に「あかつき麺」と「まぜそば」の2本立て。今回は「あかつき麺(麺250g)」と「生たまご」の食券を購入する。

この時点で先客は5名ほど。新しいラーメン屋が出来たから来てみたという感じの近所の人たちといった客層。食券を提出すると、わりとすぐにトッピングを訊かれたので「ニンニク野菜」とコールする。

店員は中国系(?)っぽい訛りのある女性1名のみ。BGMはテレビ。客席は厨房に面した直線のカウンターに8席。卓上には、唐辛子、ホワイトペッパー、割り箸、レンゲ、爪楊枝、ボックスティッシュなど。水は給水器からセルフで。

さて、出来上がったようだ。ここで生玉子は丼に入れるか別にするかを訊かれたので、別にして貰う。すると小皿で玉子が出て来た。


あかつき麺(650円)+生たまご(50円) ニンニク野菜

まずは麺から。「自家製極太麺」と謳われた麺は、その名の通りに府中二郎ばりの極太ねじれ麺。

具は豚、野菜、ニンニク。豚は厚みは薄めで、周りを炙ってある巻いたタイプが2枚入り。野菜はもやし7:3キャベツぐらいの比率で、ちょいシャキな茹で加減。量は野菜コールをしても、さほど多くはない。ニンニクは手で刻んだのか、けっこう大きめ。

生玉子は器が小さくてスキヤキ風に食べるのは難しいので、そのまま丼に投入。これだと別にしてもらった意味があんまり無いな。スープは醤油の味が濃くて、苦味があるのが少し気になった。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー