あ〜べ〜めん(閉店)

20096月4日(木)

2度目の訪問。前回とのメニューの変化は、「辛ウマ」が無料になったのと「なっとう」のトッピングが増えたところか。

今回は素直に一番おすすめと思われる「特製まぜそば」の食券を購入。食券を店員に渡すと、「辛いトッピング無料で付けること出来ますが?」との問い掛けが。そこで「お願いします」と応える。

店員は男女2名。卓上を見ると前回は置いてなかった壺が。中を見るともやしナムルが入っていた。また、すりゴマも置かれるようになっていた。

さて、出来上がった。この時に「辛さが足りなければ後から追加も出来ます」というふうに声も掛かけられる。


特製まぜそば(850円)+辛ウマ(無料)

店内が暗いので写りはイマイチ。具はブタ1切れ、野菜、ニンニク、卵黄、鰹節、焦がし(フライドオニオン)、チーズ、ベビースター、エビ辛マヨネーズ、そして無料の辛ウマ。ちなみに「まぜそばA」とのトッピングの違いは、チーズ、ベビースター、エビ辛マヨネーズが入るかどうかのようである。

では、さっそく混ぜ混ぜして食べ始める。うーむ、ほとんどジャンクガレッジと同じ印象。スープが無いぶんそんなに味の差が出ないのかな。ジャンクガレッジの特製まぜそばと具の構成もほぼ同じだし。ラーメンの時は味が薄く感じたが、今回は程よい味加減。ブタも前回と較べれば質が上がってるような気がした。次回はカレー味の「まぜそばB」を食べてみようか。

ところで店頭に掲げられたこのメニュー。以前は浅草開化“桜”となってたが、今度は浅草開“花”楼になってるよ。

20093月31日(火)

3月16日にオープンしたらしい代々木の新店へ。場所は代々木駅西口すぐ目の前の「かつや」の2階。黄色い看板には「にんにくまぜましょう!」との文字が。果たしてジャンクガレッジと関連が有るのやら無いのやら?

階段を上がって2階へ。券売機は入って右側に。

メニューは基本的にまぜそばとラーメンの2本立て。主力メニューはまぜそばのようだが、寒かったこともあってラーメンをチョイス。他の店と違って、ここはまぜそばよりもラーメンのほうが50円高いんだねぇ。

客席は厨房に面したカウンターに5席と、後は円形のテーブル席などに10数席程度。ラーメン屋としては珍しいレイアウトである。店員は男女2名。BGMはボサノヴァっぽいものが流れていた。

卓上には、ブラックペッパー、七味唐辛子、割り箸など。あと画像には写ってないが、ホワイトペッパーも置いてあった。水は卓上のポットからセルフで。

さて、出来上がった。


ラーメン(800円)

具はブタ、野菜、刻みニンニク。無料トッピングの類は特に無いらしく、ニンニクは自動的に入るもよう。まずは麺を。縮れのある太麺はゴワゴワした食感。いかにも開化楼らしい麺である。

量は200g程度だろうか? ただし店の公式サイトを見たら320gと書いてあった。それは茹でた後の重量? 茹でると大体1.7倍程度になるらしいので、それならば計算がほぼ合うし。

ブタは2切れ入り。小ぶりで脂身が多いブロック状のもので、なんとなく小杉のブタに似た感じ。野菜はもやし6:4キャベツぐらいの比率か。そしてスープなのだが、なんだか妙に薄味。まるでタレを入れ忘れたのじゃいかとさえ思えた。この手のラーメンは少ししょっぱいぐらいのほうがいいと思うのだが。

ボリューム的にも800円はちょっと高く感じた。やはりここは素直にまぜそばを注文すればよかったか。

ところで店に置いてあったショップカードを見ると、浅草開化“桜”になってるよ。

おまけに店頭の立て看板も開化桜だし。どうせなら開“花”桜だったら春らしかったのにね。

戻る

広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー